FC2ブログ
2015.06.0522:27

◎川端団栗の紫陽花6月4日◎

2015年6月4日木曜日。紫陽花を巡る旅はついに圧巻の佳境へ!
15060450.jpg
昨日4日は梅雨入りした前日3日の雨から一転、見事なまでに晴れ渡る濃紺の空を舞台にチャリは縦横無尽に京の街を闊歩。14時過ぎ、祇園白川真中のこの何やら読めぬ字が刻まれている石碑に体当たりして難なく停車。早速右手の毎年中途半端な咲き具合の紫陽花をパチリ。・・今年は例年にない豊作だ!きっと何か良い事があるに違いない。
15060451.jpg
僅かな紫陽花ですが、一番手前四条縄手に架かる大和橋傍の紫陽花が絵になるのですが、日影に付き断念無念。毎度の紫陽花を。
15060452.jpg
暗闇から顔を出す白い花
15060453.jpg
この1枚の写真、同じのを10枚撮る。アジアから家族旅行で来た(らしい)濃い黒縁メガネかけた少5程度のその子供とかなり火花散らしながらのパチリンコン!・・燃えたぜ!クリックビッグサイズで!これが今日のいや京の紫陽花である!
15060454.jpg
場所を移動し、と言うか他に紫陽花がないので仕方なく花見小路経由で建仁寺へ直行。・・花見小路は連日某アジア外人団体に占領状態。ったく花見ならぬ鼻見小路である。・・南端、勅使門手前の池の蓮。何やらポツンと数本つぼみが突っ立ってます。間もなくの開花ですね。
15060455.jpg
シンボル的巨大な法堂内では、高僧や中堅や下っ端などお寺さん総出で行ったり来たりしてました。何でしょう?14時23分なんで15時のテレビ体操でもないし大掃除の風でもない。どなたかの法要でしょうねえ?
15060456.jpg
団栗辻子(通り)を下がり、毎年ここのユリを眺めるしきたり(今年は女将が店から出てこなかった、また来やがったかと息を潜めていたか?あはは)。
15060457.jpg
団栗コロコロ、直ぐに川端団栗の辻。左側が鴨川です。ここの紫陽花が立派で綺麗で毎年何度も通りかかっては眺める。
15060458.jpg
紫外線すっきりくっきりの青空に付き写りはかなりグー!是非写真クリックビッグサイズで!
15060459.jpg
嫌でも目に付く角地でしかも綺麗です。・・なぜ団栗というかと言えば、昔の鴨川は川端通りまであり、今あるミニ公園(団栗橋公園)、鴨川岸辺に大きな団栗の木があったらしい。
15060460.jpg
大きな白、今年も見事な開花となってます!・・団栗と言えば「京三大大火」最大の被害をもたらした「天明の大火(別名団栗焼け)」、ここが発生源です。良く調べ見ると出火元の名前まで残されています。放火らしく折りからの強風であっという間に団栗橋を渡り京の都を焼き尽くしたと言う。ウィキに詳しく載ってますよ。御所も燃え尽きたらしい。
15060461.jpg
もう抱きしめたい美しさ!
15060462.jpg
背伸びし腕を最大限伸ばしメクラ撮り
15060463.jpg
ここで写真撮ってて、様々な思いであり。色んな人が声を掛けてきました。今あれこれ思い出している。
15060464.jpg
蓮のつぼみでチャリは思い出したように街中仏光寺さんへ急行。境内外の末寺。一応塔頭扱いでしょうか?
15060465.jpg
京都市内でも一二位を争う速攻電撃開花が売り物の蓮です。やはり蕾がかなりふっくら。気温次第では来週には開花ですね。・・蓮の花って、僅かな間にさまざまに変化しますね。そして神秘的な美しさ。
しかし本日5日は良く降りました。昼ごろから降り始め時に激しく時に優しく、22時半現在もまだ降り続く。平安神宮神苑無料公開、毎年楽しみにしていたビッグイベントへとうとう行けずじまい。あれこれ当ってみたらやはりそれでも何名かが行かれているようです。雨大丈夫だったかな?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR