FC2ブログ
2015.05.1922:51

◎2015年「御霊祭」見学5月18日1◎

5月19日火曜日。疲れがたまったせいかはたまた不治の病さぼり病再発か?何をするにも億劫になり・・
15051801.jpg
寝ても寝てもまだ眠たい。暁を覚えず起きたのは正午過ぎ。もう出るのも面倒になりまたも眠たくなる!あはは。・・と言う事で本日の写真ゼロ。昨18日行われた「御霊祭」の様子を。昨日はやはりどうも曇りから雨模様。雨雲が広島手前まで伸びて来ているが夕方までは持ちそうだとかなり遅く家を出てみる。
15051802.jpg
えらい低気圧が発達しますね。台風7号は日本手前で追い返されるよう進路を東に向け良かった良かった。
15051803.jpg
御霊祭のメイン、烏丸今出川交差での辻回しと京都御所朔平門大集結は17時頃。月曜、中途半端な時間帯に時間を持て余す。・・御池通り青一色の紫陽花がかなり色付いている。来週には見頃始まりそう(例年通り)。
15051804.jpg
御所九条家の池、・・時間が経たない
15051805.jpg
出水の小川のクスノキの大木を眺めるも一向ファイトが湧かない
15051806.jpg
秘密の神社さん。ここが分ればあなたに京都検定初段進呈
15051807.jpg
「梅林」の松の大木ですが、赤松黒松五葉松?そのいずれかですね・・?
15051808.jpg
「桃林」の桃の実。今年は梅も桃もその実が極端に少ない。裏作の年に当たるのかな?・・まだ15時前、朔平門へ行っても人っ子一人いない。
15051809.jpg
普段ならとっくに我が家へ帰り着く15時半、とうとう我慢できなくなり今出川からさらに北、前人未踏の地域進出!まるきりエリアが違う為何となく落ち着かない!あはは。警官が立っているので直ぐにわかる。・・これは新手のタクシーではないと思います。
15051810.jpg
でも京都では変なのがたまに走る。この前人力(足で漕ぐ)三輪タクシーがお目見えしましたがすぐ消えた。・・何でもこの牛車も天皇からの寄進だそうです。色々皆さんどうやって調べるのでしょう?あはは。
15051811.jpg
今出川新町辺りのクネクネコース。先頭の剣鉾。・・通りは見ての通り電線だらけ。これでは剣差しはできませんね!今では長柄を切り落とし半分以下にして台車に乗せての巡行もこう言う理由もあるのでしょう。実は余り言ってはいけないのかもしれませんが昭和40年を境に祇園祭りの山鉾巡行コース変更もこう言った町全体の近代化という隠れた理由もあったのです。電線と電話線が競うようにどんどん張り巡らされた。・・やはり言わない方がいいですね。もう隠します。
15051812.jpg
先頭を行く「龍鉾」。1431年天皇寄進(国宝推挙!)・・この一本はまさに宝物です!
15051813.jpg
後姿。この後ろの布切れは吹き散りと言って後の祇園祭山車の周りを覆う胴掛け前掛け見送りへと発展します。
15051814.jpg
「蓬莱鉾」・・やはり別名「松鉾」ですね。1470年天皇寄進。聞き歩き、この鉾が三番目に古いと古老からついに聞きつける!貴重なご証言誠にありがとうございました。
15051815.jpg
三番目の鉾。「鷹羽鉾」ですが、正直初めて目にする(毎年じっくり眺めない)。チラリと聞けば大分北の上木下町の鉾だと言う。エリアが違うのでどこか全く分からない!あはは。他の神社さんの鉾は一様に江戸初期のものでわかりやすいがここ御霊さんは余りに古すぎ迂闊な判断ができない。だがどうも同じく江戸初期の御寄進のものと推測します。家康天下泰平の世になり全国的に庶民の人口が一気に増え新しい街並みが形成されるようになりました。郊外の新しい町。そう言った側面からも推測します。・・あの鳩のような鳥が鷹でしょうね。まさか秀吉の鷹狩?
15051816.jpg
坊や気絶
15051817.jpg
末広神輿が現れました。華奢な姿と思ってましたが相当大きい
15051818.jpg
江戸っ子の祭りは、そりゃ土地がたっぷり広いので4tもの神輿が現れる。だが担ぐ棒(長柄)は相当あり担ぎ手の負担もそれほどでもない(ようです)。こちら京都の神輿は土地が狭いゆえ長柄は2本と決まってます。担ぎ手も限られるため重いを通り超え気絶するほどの荷重がかかります。腕自慢力自慢でないと即病院送りとなる。末広神輿が視界から消え、この後休憩後16時50分頃烏丸今出川へと繰り出す。
次回へ続く。今日は以上です(さぼり病です御免なさい)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR