FC2ブログ
2015.04.1923:18

◎2015年伏見稲荷神幸祭4月19日◎

4月19日日曜日。曇りから雨予報に外出を迷うも降らないと即断即決、先ず北野天満「文子祭」の様子を探り続いて伏見稲荷の大祭「稲荷祭」の様子を探りにチャリは一路堀川を南下。
15041918.jpg
キンセンカ。懐かし花ですね。
15041919.jpg
ストック。匂いが凄い。
15041920.jpg
途中途中見かけたポスター。
15041921.jpg
シャッターで見にくい。こんな祭りあったの?
15041925.jpg
二条城堀を見つめたのは14時1分、お稲荷さん御旅所へ着いたのは14時半。つまり30分かかってる。普通は15分です。今日から5月3日までロングラン駐輿です。つまり(昔は)それだけ巨大なお祭りだったらしい。
15041922.jpg
昔は(40年程前まで)伏見のお稲荷さんからここJR京都八条口近くの御旅所まですべて人海戦術で来ていた。5基の巨大な神輿、担ぎ手は大変だったでしょうね、村から村へとバトンタッチ形式で担ぎ継がれたのでしょう。距離は5キロ近くある。今は4トントラックに載せて来ます。時間待ちの間ブラブラ・・。
15041923.jpg
昨年綺麗に新築された舞殿?、細長い釜があり、湯立とあるのでこの日にちに何度も湯立の儀式やるのでしょうね、お稲荷さん独自なのかな?
15041926.jpg
毎年必ずと言って良いほど遅れて到着する神幸祭一同。今年は案外と早めの15時ちょうど無事到着しました。
15041927.jpg
御旅所前の「東寺道」です。東寺は直ぐ近く。
15041928.jpg
今日の神幸祭はこの程度ですが5月3日の還幸祭は驚くほどの豪華絢爛大行列です。今日の神幸祭を「おいで」あるいは「おわたりり」と言うのは松尾大社も同じですね。還幸祭を「ウマウマ来てウカウカ還る」と揶揄してたそうです。何でも平安時代から有名なお祭りらしく、お多福の面を被った男や鯛を担いだ裃姿の行列の姿も。祭列から賽銭を投げそれを一心に拾う聴衆の姿、乞食が後を付いて廻るので「乞食祭」とも言われたと言いますが冗談も程々に!あはは。今も八坂神社との境界線は松原通りで互いのその巨大な勢力は絶大です。
15041929.jpg
神幸列に続いて神輿が続々到着。全部で五基。
15041930.jpg
大きな神輿です。町内ごとに分担する形で今日から3日のお還りまで大事に守る。日々お詣りが絶えません。
15041931.jpg
運転手も慣れたもんでギリギリのスペースへサッと並ぶ。
15041932.jpg
後ろへ押し出す按配でそろりそろり降ろしていく。
15041933.jpg
それぞれに神様が乗っておられるので慎重を極める、かなりピリピリした雰囲気です。
15041934.jpg
4月のゴールデンウィークの日に各神輿は氏子地域を練り歩く。5基が同時進行なんで毎年一つに狙いを定める。
15041935.jpg
雨は全く降って来なかった。15時18分、短足は下京区役所前のハナミズキを執拗に撮る。白もありかなり綺麗ですよ。
4月5月は神社のお祭りだらけで、決して表には出ないB級神社(失礼)のお祭りも盛んです。何時あるのかは僕もはっきりわからない。街角で遭遇したらラッキー。京都の祭りは地味ですがそれはそれで密かな楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR