FC2ブログ
2015.04.1922:09

◎2015年北野天満文子祭4月19日◎

4月19日日曜日。明け方雨音で目が覚める。
15041901.jpg
長雨そして二日間続いた日本晴れそして明くる本日、再び梅雨空のような鬱陶しい天気。
15041902.jpg
西日本一円曇りから雨予報、京都地方も同じ。だがこの正午前の雨雲見つめるに、どうにも昼から降りそうにない。どうしようかかなり迷うも運を天に任せチャリはいざ出発進行!取り敢えず保険でかなり色褪せた100円透明ビニール傘サドルの後ろへ差し込む。これで万全だ。
15041903.jpg
街中、管大臣神社本殿に積み重ねられた白黒ポスター写し・・
15041904.jpg
チャリは堀川を北上。
15041905.jpg
御衣黄はこんな赤く変化するのですね。
15041906.jpg
堀川から下立売通を左に折れひたすら西進。水車。
15041907.jpg
これは3年前位できたもので、こんなのばかり作ってたらここらすべて人が住めなくなる!あはは。
15041908.jpg
今日の目的はこれ。「文子天満宮」年に一度のお祭り。
15041909.jpg
ハナミズキもなんだ何だと驚いていました。
15041910.jpg
ややこしいのですが、JR京都駅、東本願寺近くの文子天満宮とは別物で、正式には(旧)御旅所文子天満宮。転々と移動し最後ここから東本願寺近くに修まったものでしょう。
15041911.jpg
長い祭礼が終わり大きな神輿が出てきました。相当重たそう!
15041912.jpg
年に一度、北野天満の北にある文子天満宮から御魂を神輿に乗せこの御旅所へ舞い戻る。今日は還幸祭で北野天満へ帰る所です。氏子地域を練り歩き最後天満宮へご帰還。
15041913.jpg
このプラカード?が気に入って、秋のずいき祭りの時も必ず撮らなければ気が済まなくなってしまった!
15041914.jpg
大事な神輿、雨に弱いので念のため合羽を。
15041915.jpg
13時半、いよいよ北野天満目指し出発。重すぎ、サラリーマンが殆どの担ぎ手には無理。台車に乗せ引っ張ると言うのが主流です(一部意地でも担ぐ神輿あり、例えば中堂寺住吉さんとか、あはは)。
15041916.jpg
後姿を見送る。・・みなさん先程のほんの僅かな時間の担ぎだけで相当消耗しているようです。祭り好き筋肉隆々血気盛んな野郎なら面白がって1日中担ぎますが、日頃肉体労働した事がないサラリーマンがいきなりぶっつけ本番で担いだら腰をやられます。肩の痛みではなく腰にくる。見た目と大違い、瞬間的に100キロの重みが次々と襲ってくる。痛いとか通り超え我慢できない、まるで折檻に等しい!・・経験者は熱く語る。
15041917.jpg
神輿が視界から消え去るまで見送り、チャリは次の目的地、伏見稲荷御旅所目指し一路南下。二条城の堀を見つめ我が身の行く末を案ずる・・?
020624[1]
・・ところで、文子さんの御旅所横にあったこの住所標識、今日いくら探してもない(これは3年前撮ったもの)。つまり盗まれている!こりゃ大変だ!この住所でわかりますか?今では京都人でも先ずわからないでしょう。相当古い言い方です。今は天神妙心寺上ル。地元は天神筋と言ってますね。妙心寺通りなんて言わない。曲がりなりにも天神さん氏子地域。よって今でもこの実にややこしい言い方の方が慣れているみたいです。この京都でも有数な難解標識、やはり盗まれてしまったようで、今後二度とブログに載せません。この標識どこかで見かけたら即110番TELを。しかし、罰が当たりますよ!素直に返しなさい!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR