FC2ブログ
2015.04.1422:11

◎賀茂川土手の桜並木4月4日◎

4月14日火曜日。今日も雨。目を潤ませじっと我慢の悲惨な2日間。冷蔵庫の中はとうとう空っぽに!キャベツの芯をかじってでもと言いますがそのキャベツさへない!とほほ。
15040451.jpg
4月4日土曜日。昼から曇ってきた天気の中チャリは上賀茂神社目指しひたすら北上。途中「半木の道」の紅シダレ並木を眺めながらパチリパチリ。・・曇ってるせいか、今年は美人がいないや!いや美しい木がないや!ぶつぶつ独り言言ってたらあっという間に終点北山橋。並木は500メートルどころか800メートルあるそうです。この北山橋渡ると再び染井吉野の桜並木が永遠続く。ここらは地元以外殆ど知らない穴場。
15040452.jpg
普段は少ない車ですが矢張り見物に来る車でしょうね相当な混みようでした。
15040453.jpg
ここらで突如晴れ渡り短足は目を輝かせパチリパチリ!
15040454.jpg
なかなか凄いでしょ!
15040455.jpg
呆れるほど美しい。みな立ち止まってボーっと眺め尽くすのみ。
15040457.jpg
クリックビッグサイズで!
15040458.jpg
こう言う桜並木は全国どこにでもありますがこちら京都では土地が狭いゆえ両方に咲く場所は極めて少ない。天神川の並木もそりゃ綺麗ですが御多分に漏れず片方だけの並木。
15040459.jpg
田舎だからこそできる王道の桜並木です!あはは(失礼)。しかし綺麗ですねえ!殆どここを通るのが楽しみで毎年訪れているようなものです。
15040460.jpg
眩い桜並木を行き当ればそこは天国だった、いや上賀茂神社でありました。
15040461.jpg
再び曇りちょっと残念ですが、これは「御所桜」と言われ、孝明天皇が有力な氏子さん家へ下賜されたものを大事に育て身に余る光栄とばかり神社へ寄進したものだそうです。余りに巨木過ぎ全体が写らない。確か昔は倒れた木が横たわっておりそこから花を咲かせていた。残る木が立派に咲かせるようになりほかしたのでしょう。化け物サイズの大きさです。
15040462.jpg
並んで「斎王桜」。斎王と言うからには本物の斎王お手植えでしょうね。この木も相当大きく毎年満開に咲き誇ります。枝が地面まで垂れさがる(写真見る限り今年は散髪してますね)。
15040463.jpg
この後ろを取り囲むように純白の桜が満開中。種類はなんでしょう?真っ白な桜。これもかなり綺麗です。
15040464.jpg
二ノ鳥居脇のシダレ。
15040465.jpg
上下)中の方にあるシダレ。
15040466.jpg
みあれ祭と言うのは葵祭直前ここの神々に葵祭が始まりますよと報告し一緒に連れてくる。ここ独自で下賀茂神社は御蔭祭。みあれ祭は夜の神事で神社以外立ち入り禁止。御蔭祭は最近かなり人気が出て来ており日本中から見学者が訪れる様に。詳しくは各自検索の事。
15040467.jpg
この花なんだかわかりますか?梅です。ちょうど植木市やってて見た事もない花ににじり寄る。・・雲南黄梅と言うそうです、検索すれば一発で出てくる。北野天満の雲龍梅は同じ中国からですがこちらは純白の梅。
15040468.jpg
横目で見返りながらチャリは引き上げることに。
15040469.jpg
帰りは賀茂川右岸と言うのが定説になっていてチャリはセオリー通り忠実に守る。「半木の道」を左手に眺めながら・・
15040470.jpg
停まって人の数を数えてみたりする。
15040471.jpg
乗ったままパチリ。さすがにブレました。こう言う桜並木。どこにでもありますね。
15040472.jpg
ひえ~山と桜並木。
15040473.jpg
チャリはやっと戻ってきました。スタート地点葵橋辺り。週末土曜日14時過ぎ。そろそろ花見が始まった頃です。酒の匂いプンプンで短足はそれだけで酔ってしまう。
15040475.jpg
街中へ戻る。京都市役所で何やらにぎやかな音楽。よさこい何とかで今年で3回目くらいかな?なんかよくわからん。
15040474.jpg
参加グループが物凄く一体何組集まってるのでしょう?チャリは浮かれる様に回転を速め帰宅の途へ・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR