FC2ブログ
2014.12.2523:21

◎2014年知恩院御身拭式12月25日◎

12月25日木曜日。クリスマスの日の街角ですが、サンタはいないし雪の一つも降らないしましてやソリで滑る人がいるわけがない。チャリは北野天満から最短コースにて知恩院を目指す。クリスマスでもお寺さんなのである!あはは。
14122523.jpg
丸太町通。これは大きな大会ですね。近くで見ててもあまりの速さに首は瞬時に右から左へ!
14122524.jpg
三条通から右に折れる。左へ行けば平安神宮。この急な坂道を進めば坂の上が青蓮院さん。手前左に粟田神社さん。
14122526.jpg
坂を登りつめ今度は一気に下り坂。知恩院黒門到着。
14122527.jpg
こう言う90度折れ曲がった参道。これは明らかに城構えの作りです。家康が天下統一もなお西国大名の不穏な動きが気になって仕方なく、この知恩院を京都防御の要と位置付け寺領を倍に拡大し現在の規模に。・・ここの三門と二条城の櫓から旗で合図を送れるようにしたと言う事です。だからこそここの三門は巨大で高い。この二つのちょうど真ん中に京都御所が位置し始終監視していたと言う事です。
14122528.jpg
カクカク登り詰めるとこの北門。
14122529.jpg
まっすぐ進み法然上人御堂。
14122530.jpg
ここに書いてある通り、歴史はかなり古い。てっきりクリスマスのキリスト教に対抗して始めたものと浅はかな考えを抱いていました。・・決してそんな教えではない筈ですね。
14122531.jpg
御身拭いはとっくい終わっていてお坊さんの法話が始まっていました。かなりな達人みたいで時に笑わせ時に考えさせるその話しぶりは貫禄さへ感じた。
14122532.jpg
ぽくぽく木魚
14122533.jpg
外へ出て表側へ。寒桜が咲いていました
14122534.jpg
国宝御影堂。本来はここで執り行われるのですが平成の大修復中で奥の間で。平成30年まで掛かる大修復です。全国から集まる檀信徒の数は半端ではなく、入りきれないので時間を分けての参拝となります。いつぞやの年粉雪舞い散る寒い年で終わった後休憩所で頂いた甘酒の温もりがいまだに忘れられません。
14122535.jpg
この御影堂右奥がゆく年くる年の梵鐘。急な坂の上にあります。
14122536.jpg
麓(円山公園横、三門右手)から無料バスがピストン輸送です。坂道が急すぎる為お年寄りには危ない。
14122537.jpg
短足は来た道を引き返す。雨が降って来ました。
14122538.jpg
濡れるに任せ御堂前通過。三葉の葵。
14122539.jpg
黒門へ降りる。・・かなり急な道です
14122550.jpg
こんな感じ。どう見ても城ですね!家康が万が一の不測の事態に備え防戦、籠城(坂東から援軍が駆け付けるまで)を想定しての城壁ですね。
14122551.jpg
黒門から外を眺める。
14122552.jpg
チャリは三門へ到着。完全に覆われてました。大晦日除夜の鐘の時間。
14122553.jpg
いい加減濡れ帰る途中、八坂の塔で今度は晴れてきました。
14122401.jpg
松原橋到着。・・今日は撮るのを忘れてしまい昨日撮った写真です。なんとなく霞がかったような1日でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR