FC2ブログ
2014.12.2222:36

◎2014年朔旦冬至12月22日◎

12月22日月曜日。1年で最も日が短い冬至の日。
14122201.jpg
昼前の気温5℃。中国地方以東はみな大雪注意報
14122202.jpg
からりと晴れ渡った京都市内。青空が眩しくチャリはよろけるようにいつもコース鴨川へ。松原橋から上流、右手の比叡山に雪なし。奥の方、北山にかなり積もってますね。あそこらはもう滋賀県です。比良山脈に当たるのかな?
14122203.jpg
ここで松原橋渡り終えた川端松原交差で何と交通事故発生中!ちょうど救急車がサイレン鳴らし駆け付けたところでした。時刻は13時ちょうど。二車線の内側で危なっかしい。近寄ってみるとおばあさんが軽トラの前で倒れていて救急隊員が大事に救急車へ運ぶ。大した事なければよいが、横断歩道から5Mほど離れておりチャリで横断中に跳ね飛ばされたらしい。ちょっと複雑な場所で地元の人ならかなり気を付けて渡る筈ですが・・。無事快復をお祈りします!
14122204.jpg
チャリは恐る恐る鴨川沿いを北上。四条大橋とユリカモメ。風もなく眩しい日差しののんびりとした光景。
14122205.jpg
毎度四条大橋から上流を眺め・・
14122206.jpg
ユキヤナギが日々色濃くなっているのを確認し・・
14122207.jpg
祇園白川へ寄って僅かに残る紅葉をパチリ。
14122208.jpg
三条京阪南端バス停の所の木。なんでしょう?ここらが綺麗になって5年位かな?その後に植えられたものです。
14122209.jpg
二条大橋で曇ってきました
14122210.jpg
下御霊神社さんの初詣のスケジュール。珍しい・・?
14122211.jpg
チャリはスーパー目指し二条城を通過。臨時の入り口となっている北門(北大手門)。
14122212.jpg
殆ど知られていない西南隅櫓。

2014年今年の冬至は19年振りの朔旦冬至と言われる珍しい日だそうで、冬至と新月が重なると言う事です。
・・これは、新月と冬至が重なる年の冬至のことで、19年に1度しか訪れません。
古来、冬至は極限まで弱まった太陽が復活する日、すなわち「復活の日」とされてきました。太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日だとされ、古来朝廷では盛大な祝宴を催したといわれています。
つまり今日は、今日は19年に1度の『朔旦冬至(さくたんとうじ)』 太陽と月が復活する日。
しかも、2014年の次の『朔旦冬至』は、19年後ではなく38年後の2052年になります。 これは、旧暦2033年問題によるもので、こんな事態が起こるのも1844年に天保暦が制定されてから189年で、初めてのことです。

以上2014年冬至で検索して出てきた人様の記事をちょっと拝借させてもらいました。ありがとうございます。
そんなに目出度い日なのかな?なんか単に寒いだけの1日だったような気がしますが?・・あはは。

なお明日23日天皇誕生日の祝日は矢田寺さん「かぼちゃ供養」の日です。かぼちゃ供養の後大きな釜で煮込んだアツアツほっくほくのかぼちゃの煮っ転がしが無料でふるまわれます。10時からになってますが混むのはお昼頃から。先着千名様となってますが結構残ってますよ(でも最近行列が凄くどうも売り切れるみたいです)。昔は買い物ついでにそこらにチャリ停めて二回に分けて食ったもんです、ガラガラだったのだ!あはは。ありゃばれてしまったか!昨年は100Mの行列見て即座に逃げ出した!なんでこんなに多くなったのだろう?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR