FC2ブログ
2014.12.1223:01

◎京都御所の冬柿◎

12月12日金曜日。結局今日も始終曇り日となり晴れ間は全くなかった。手がかじかみそうな寒さで、寒波が押し寄せているのをひしひしと肌身で感じながらチャリは御苑をうろつく・・
14121215.jpg
ここは京都御苑北東角。もう真後ろは烏丸今出川交差で横断歩道の緑の音楽がはっきり聞き取れる。・・なんかよくわからんメロディー。
14121216.jpg
穴場の紅葉ですが、今年はさっぱり色付かない。駄目だこりゃ!
14121217.jpg
ドウダンツツジとイチョウの落ち葉
14121218.jpg
例年だとはっきりくっきり染まるのですが、なんでだろう?糺の森の紅葉もこんな色合いです。寒すぎても駄目なのかな?
14121219.jpg
御苑にはこんな優しい説明書きがちらほら目につきます。子供たちにはうってつけですね。
14121220.jpg
蛤御門入って直ぐ左手の紅葉。これも今年は染まり方がおかしい。殆ど赤くなってませんね。
14121221.jpg
そこの駐車場のイチョウ、珍しい形で顔をのぞかせてます。かなり黄色くなる1本
14121222.jpg
チャリはひょこひょこ引き上げ途上、「桃林」とこで渋柿発見!・・と言うか思い出し寄ってみる。
14121223.jpg
こんな大木から枝が伸びています。後ろは大宮御所
14121224.jpg
木の根元、見にくいが右の細長いのが柿の木。・・なぜ「梅林」「桃林」と並ぶこんな場所に柿の木が?考えられる回答としては一つのみ!昔カラスが柿の実を食べこの大木の上からポツンとウンチ。そのたった一粒の柿の種が成長したものでしょう。人間が敢えてこんな場所に植える筈がない。・・京都御苑に柿の木があるのはここと、前写真撮った近衛邸跡の1本の合わせて2本のみです。近衛邸の所は明らかに人間が植えたものですがこちらはやはりカラスのせいですね。第一こんな大木の根元にどうやって植えられるものでありましょう?
14121225.jpg
小粒な赤い実。日本中どこにでもありますね。
14121226.jpg
角度変えて写すも曇っており殆ど迫力なし
14121227.jpg
明日からの寒波襲来を前にチャリは3件目のスーパー目指し突っ走る!・・途中二条城の堀にて鴨どもが苔を?無心に頬張っている姿を見つめる。彼らも真冬を前に腹ごしらえなのだろうか?珍しい光景に、気が付けば短足も同じような格好でスーパー目指してました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR