FC2ブログ
2014.10.0723:18

◎東福寺の紅葉へ10月7日◎

10月7日火曜日。朝からからりと晴れ渡るまさに日本晴れ。家に居ては罰が当たるとばかりお昼前太陽に向かってチャリは猛然と家出!いや我が家を飛び出る!
14100701.jpg
お東さん辺りをウロウロ・・
14100702.jpg
桜の葉っぱがちらりほらりと落ちていました。もう秋ですね
14100703.jpg
イチョウはまだ青かった
14100704.jpg
今夜の最低が14℃までとこの秋一番の冷え込みになりそうで、でも余り変わらないかな?
14100705.jpg
毎度チャリは塩小路橋まで進み七条大橋をパチリ
14100706.jpg
鴨川に架かるJR奈良線。今日は緑の普通電車ががたんごとんと懐かしい音を立てながら通り過ぎました
14100707.jpg
東福寺到着。まだ全くの青葉。少し南に位置するので紅葉は気持ち遅れ気味
14100708.jpg
東福寺入口「日下門」
14100709.jpg
青葉だらけの中このドウダンツツジのみ赤く
14100710.jpg
すたこら「日下門」を出る
14100711.jpg
広い境内、紅葉林と反対側の門。チャリはぐるりと廻り込む。この柱の穴、なんだかわかりますか?「応仁の乱」の際の矢じり跡」と言われてましたが、パソコン検索するに足利尊氏と赤松円心が六波羅探題を攻め落とした際のものらしい。
14100712.jpg
「六波羅門」と言われています。1333年(元弘3年)後醍醐天皇が立ちあがった「元弘の乱」の時の激戦の傷跡ですね。しかし、余りに古すぎ良くぞそのまま残っているものだと・・。なお寺さんは無頓着でありまして一切のそれらしき説明文などありません。そっとしておきましょう、この先何百年もこのまま変わらずに残しておきたいものですね。・・京都御所の「蛤御門」の鉄砲の跡はかなり有名ですね、こちらは1864年。比べれば余りに違い過ぎ比較のしようがない。・・余り言って観光名所にでもなってしまったらお寺さんに大変申し訳が立たないので、これくらいで。そっと訪れそっと眺めるだけにしましょう、決して触らないように、僕も一度も触ったことがない。なおもう一ヶ所、建仁寺「勅使門」には応仁の乱の矢じり跡が残ってますがこちらもそっと(囲いがされており殆ど見えない、白い○印があったのですが・・)。
14100713.jpg
六波羅門は元々六波羅探題にあったものです。今の六波羅蜜寺辺り、さらに古くは平家の大本拠地でありました。

その後チャリは旧伏見街道をひたすら南下
14100714.jpg
伏見稲荷通過・・
14100715.jpg
京都では珍しいこんな踏切で待たされ・・
14100716.jpg
藤の森神社通過・・
14100717.jpg
そして遥々やって来ました「御香宮神社」。今秋のお祭り真っ最中で、ここの目玉とも言うべき化け物神輿「千姫神輿」を今年もじっくり拝見しました。続きはまたいつか・・、写真撮り過ぎ選別が嫌になった!あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR