FC2ブログ
2014.08.1920:47

◎夏の夜の怪談・京都鉄輪の井◎

8月19日火曜日。36℃まで跳ね上がりカラカラ天気となる。
14081912.jpg
こんな夜にゃ怖いお話でも。・・毎度夕顔町の夕顔。堺町通りです。この狭い通りをそのまま下がって行く。タクシーが見える所は松原通り。
14081913.jpg
さらに下がると松原⇔万寿寺ちょうど真ん中辺りにこの鉄輪の井戸があります。
14081914.jpg
久しぶり(1年振り)に来てみる。真昼間ですが何となく妖気が漂っているようで、頭先端の髪の毛3本がしきりに井戸の方へなびく。
14081915.jpg
細い路地をチョロチョロ進んですぐにあります。この説明文の通り。ここらは江戸の始めまで鉄輪町と言っていたそうで、鉄輪=五徳=火鉢にやかんとか鍋を掛ける際の足置き。これを製造する金物の町だったのでしょう。
14081917.jpg
問題の井戸。今は枯れ果てています。昔はこの井戸水を汲み呪いを掛けて持ち帰り相手に飲ませたらたちまちに離縁できたと言ういわくつきの井戸。・・実は昨年、何気なしに来てみたところ、ちょうど近所のおじいさんがたまにお賽銭を集めるらしくちょうどその真っ最中。ちらりと見たら千円札がかなりある。驚いてあれこれお話を伺うと・・、井戸の中から藁人形と五寸釘が出てきたこともあったと言う。今でも密かに訪れ離縁を願う女性が後を絶たない。今では井戸が枯れているため持参したペットボトルの水をこの井戸に置き呪いを掛け持ち帰る。
14081918.jpg
おぞましき丑の刻参り=顔に朱をさし体に丹を塗る。頭に載せた鉄輪の三本の角に(逆に載せる)火の付いたロウソクを立て口に松明をくわえて丑の刻に社参したと言う。藁人形に呪文を20回唱えながら五寸釘で木に打ち付ける。七日目で満願と言う。
14081916.jpg
狭い一角に井戸とこのお稲荷さんあり。命婦稲荷(伏見お稲荷さんから勧請したもの)。・・夫婦円満を願ってのものでしょうね。
14081919.jpg
謡曲「鉄輪」=世阿弥作と言われています。要は創作物語であり、実際はどうも矢張りこの井戸に女性が身を投げたのが真実らしい。それが噂が噂を呼び呪いの井戸と転じ縁切り井戸と京の都に知れ渡った。噂を聞いて他国からのお詣りもかなりあったと言う事です。
・・僕は残念ながらが呪いを掛けられるような女性はいない、その点毎日大手を振って街中を闊歩できる!あはは、いやとほほ?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR