FC2ブログ
2014.05.2622:33

◎2014年「嵯峨祭」5/25日◎

昨日5月25日日曜日に嵯峨で行われた伝統の祭り「嵯峨祭」の様子。
短足は薔薇の館からJR嵯峨駅へ直行!・・と言ってもチャリでものの3分の位置。一度通った道は100年間忘れないと言う全国を股に掛け鍛えたその抜群の記憶力が物を言う!あはは
14052620.jpg
取り敢えず写真クリックのビッグサイズで!ちょっと曇ってて写りは昨年ほどではないにしろ迫力が違う!
14052621.jpg
JR嵯峨駅。7年前位かな?昔ながらのいかにも田舎臭い駅が綺麗になり(なり過ぎ)駅前はロータリーに。着いたたら先頭の剣鉾が差しを行っていました。獅子が子供を見つけてはガブリ。あちこちから阿鼻叫喚の悲鳴が!今年も悲惨極まる現場でした。左手のマルコメ坊主の子供は恐怖の余りまだひきつってます!
14052622.jpg
トロッコ電車の所。D51 51号機。昭和45年頃まで現役。
14052623.jpg
剣鉾の差しが終わると二基の巨大な神輿が男たちの怒号と共に現れ一気に盛り上がる
14052624.jpg
そのまま嵯峨駅横道をまっすぐ桂川へと直進。途中有力地主?のところで差し。
14052625.jpg
14052626.jpg
上)「祇園祭」の山鉾の原型がこれです。重た過ぎ、台車に乗せそれが巨大化する。剣の後ろの飾りは「吹き散り」と言います。後の祇園祭の山鉾の飾り「見送り」になったと言われています。ここ嵯峨のお祭りでは数年前新調され見た目も鮮やかな剣鉾です。随行皆さん揃って裃姿の菅笠で江戸のその昔を彷彿させるようです。ここまでやるのは京都ではここ「嵯峨祭」だけ。一見の価値ありですよ!下)ここは剣鉾に榊と紙垂を撒く独特のもの、これも初めて目にする。そう言う長い伝統なのでしょうね、歴史を感じます。


今年から始めて「渡月橋」を渡る神輿
14052627.jpg
渡ると「中之島公園」
14052628.jpg
ただでさへ観光客で多いのにもう押し合い状態
14052629.jpg
神輿と子供神輿と剣鉾が勢揃い!嵯峨祭の宝 下)お稚児さんにも粛々とお祓い
14052630.jpg

・・一応、「渡月橋」を渡るとそこはもう西京区。もっと言えば松尾さんの領域。でも昔の事言ってもいまは21世紀仲良く手を取り合って助け合いましょうと言う事で今年からこの対岸の「中之島公園」がメイン会場となる。来年からもここでしょうね?昨年までは嵐亭前でしたね。交互がいいかな?なお「渡月橋」は一応右京区に入るようです。
14052631.jpg
14052632.jpg
剣鉾は正午頃大覚寺へ集結し境内中まで入り込みます(昨年のブログを)。そして実に厳かなる寺僧による般若心経の大合唱。・・これは泉涌寺における瀧尾神社のお祭り同様です。明治の神仏分離令から現在の形に変化。元々はどちらの神輿も寺の所有でした(あまり言わない方がいいかな?)。
14052633.jpg
14052634.jpg
そしてなんかワイワイガヤガヤと時は過ぎ オープンカー先頭による「「還幸祭」クライマックスへと突入!
14052635.jpg

14052636.jpg
14052637.jpg
先回りして、渡月橋から嵐山を眺め、対岸から神輿をパチリ。
続く・・。明日以降に。まだ写真の選別すらできていない、あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR