FC2ブログ
2014.05.1423:01

◎2014年葵祭前日5/14日◎

その前に・・、ブログがなんか変わったみたいで写真サイズが大きくなったようです?恐る恐る試しに少し大きめに縮小して見ました。はみ出てたらやっぱりかと後で修正。

5月14日水曜日。明日の日本が誇る源氏物語の世界・平安絵巻豪華絢爛たる大行列「葵祭」を明日に控え、やはり気になるのは天気。
14051401.jpg
明日は曇り雨。気温はかなり下がるようで、行列の皆さんにとっては大変ありがたい(毎年気温が跳ね上がり分厚い衣装での行列はまるで死の行軍かと思わせるほど過酷)。
14051402.jpg
先ず向かった先は京都御所 その道中見つけた美人ばかりを狙い撃ちあはは
14051403.jpg
美しい
14051404.jpg
綺麗だ
14051405.jpg
まるで花のようだ
14051406.jpg

気が付けば短足ははや京都御所に入り込んでいた
14051407.jpg
スタート地点建礼門前の広場 椅子の数8千席(確か)
14051408.jpg
一般見物人が集中するので行列の姿はほとんど見えないと思っていてください 
14051409.jpg
この堺町御門から出て写真向かって右側に進んで行きます 鴨川の方向
14051410.jpg
ここからの眺めはかなりグーなんですがなんたって押し合いへし合い状態、しかも約30分前からこの通り(丸太町通り)の横断一切禁止となります。門の前も一切横切れないので要注!・・見てる方だけにこっそりと穴場を=春秋の京都御所一般公開の入口門=宜秋門から続々と出てきますのでそこらに待機してたらかなりまじかで見れます(あまり言いたくないけどね、秘密に)。

短足は行列の進む道に沿うように下鴨神社を目指す
14051411.jpg
出町橋からパチリ。いつもいるトンビ(20羽近くがグルグル廻る)やカラスや鳩や鴨どもや白サギ青サギヌートリアそしてすずめ・・悉く一匹もいない!餌やりをかなりきつく注意した効果でしょうか?だが逆にもぬけの殻、どしたものか?

下鴨神社到着!・糺森直前の駐輪場は当然ですが全く一切禁止です!要注!物凄い人の群れで近寄れませんよ!警備員がかなり見張っています!・・(置くのなら糺の森奥の方に)
14051412.jpg
糺の森入って直ぐ左手の河合神社の所も一切通行禁止となります!要注!
14051413.jpg
5月3日の流鏑馬が行われたところで同じようにお馬ちゃんが走ります。(天皇の勅使)
14051414.jpg
まっすぐ一本道の参道をテクテク進む
14051415.jpg

14051416.jpg
参道右手が有料席 ずーっと続きかなりの数 糺の森真ん中辺り(参道の)で券を買えるようですが受付が10時?まだ余ってるのかな?
14051417.jpg


この社頭の儀の受付と言うのは関係者のみです!要注(葉書を貰った人のみ、一般は楼門から一切絶対何があっても入れません要注!)
14051418.jpg

14051419.jpg
楼門入って眼の前の舞殿に飾られる葵と桂。葵桂(きっけいと読む)、葵だけかと思ったらそうではないみたいです。何でも桂の木がこの神社の神木で葵が神文。でも同じに見えません?ハート形が桂ですがよくわからない、あはは
14051420.jpg
境内うろついてたら何やらが始まる。聞けば明日の「社頭の儀」の予行演習と言う、どうりで神社の人がかなり出ていたはずだ。見た事がないし今後見る事は先ずなかろうと興味津々で眺める。
14051421.jpg

14051422.jpg

14052423.jpg
実にピリピリとした緊張感の中で行われていました。写真中)の人、なんか昭和天皇に似てません?ドキドキしながらパチリ。・・明日は某女優さんも来ると言いますが、見れるわけがないですね、あはは
明日の葵祭、やるかやらないかは朝6時に決まるそうです。インターネットで探り当ててください。何度も見てますが途中でザーザー降りとなった年もあります。観客はみな逃げて行列のみ濡れるに任せての歩みでした。すべての衣装がモノホンの平安王朝衣装の再現です。濡れたら大変!そっちの方が大変気にかかるみたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR