FC2ブログ
2014.02.0423:09

◎2014年壬生寺の節分2/2~4日◎

2014年壬生寺の節分は、毎年かなり冷え込んだ中で行われるのですが、今年は2日3日と連日15℃を超えると言うちょっとした異常高温?春を感じさせる温かさの中で執り行われ、例年にない大活況となりました。長年見続けており、お参り客は例年並みと思われますが、お一人お一人の顔がみな笑顔のとてもすがすがしい節分となりました。やはり温かいと気持ちまで緩むのかな?あはは

2月2日日曜日の壬生寺お昼過ぎ
14020214.jpg
表通り。四条からどんどん押しかけています。多い!なんじゃこりゃああ!?
14020215.jpg
壬生寺入口門。入れない。止ったままの状態です。

14020216.jpg
「炮烙」はお年寄りには店の人が代筆してくれますが、よく見たら両方ともおばあさんでした。

入口門を入ってもさっぱり進まない!なんじゃこりゃあああ!?
14020217.jpg

14020218.jpg
境内左手に「炮烙屋」が5~6軒並びます。まだそれほど混んではいないもののこんな具合に立ったままのの手書き。
慣れたら決して苦にならないが、人がぶつかるので筆が右に左に飛ぶ。
14020220.jpg

14020219.jpg
動けない原因はこれでした。ちょうど法螺貝の大合唱が鳴り響き、程なく山伏一団「お練り」の出発!パオーパオー♪象さんではないですよ法螺貝の音♪
だが・・
14020221.jpg
両方ともさっぱり進まない。去るも地獄残るも地獄・・?

壬生狂言「節分」
14020222.jpg
定員400名ちょうどで札止め。でもかなり立ってる。つまりかなりいい加減!あはは、すみません。

14020223.jpg
時刻は13時ちょうど。第1回目がスタートで、これは次14時の行列。大体毎年粉雪舞う中での狂言に、がらがらなんですがねえ・・、天気が良すぎ、みなさん見たのでしょう。並んでると余計に見たくなるのが心情。不思議なもんですね。

14020224.jpg
舞妓さん?

14020226.jpg
境内さらにどんどん増えて来て危険を感じ引き上げる。・本堂からパチリ。

壬生寺直ぐ近くの梛の宮さん
14020227.jpg
先程壬生寺を出発したほら吹き集団、いや法螺貝の山伏集団はここ梛の宮神社さんへ寄っていました。ここでも法螺貝の大合唱が鳴り響き、次を目指して出発して行きました。・・ここ梛の宮さんのお詣りもめっちゃ多い。壬生寺とセットですね。

2月3日の壬生寺お昼頃
14020350.jpg

14020351.jpg
月曜日ですが、昨日同様かなり混雑していました。だが本日は「炮烙」がお目当ての常連ばかり?と思われ、粛々とお目当ての「炮烙屋」で筆をなぞっていました。昨日の賑わいとはかなり趣が違います。

14020352.jpg

14020353.jpg
どこもかしこも「炮烙」に願いを込めてしたためる光景が。これぞ壬生寺伝統の光景です。なんかジーンと感動する瞬間。・・これ、粉雪舞い散る中で書いてると手がかじかんで上手く書けなくなるのですよね、たまに筆を止め両手擦り合わせふーふと熱い息を吹きかけてやらないと。そんな思い出がよぎり、パチリパチリ。

14020354.jpg

14020355.jpg
・・後から聞いたのですが、よその3日の節分はどこも少なかったと言う事です。ここも昨日2日に比べればやはりかなり少なめでしたが、お昼過ぎの光景はこんなものです。したためた「炮烙」を後生大事にここまで持ってきて奉納です。この「炮烙」を春の壬生狂言日々初演「炮烙割」で積めるだけ積み上げて割ります。でも到底割り切れない。

14020356.jpg
そのほか新年新たなお守りやお札もかなり売れていました。

14020357.jpg
表通り。キンツバのお店。今年は向かって左手に行列ができていました、右に並ぶ年もあり、これでその年の吉兆を占う!・・嘘ですよ嘘、あはは。

本日2月4日の壬生寺お昼前
14020414.jpg
そういや僕自身まだ「炮烙」奉納していなかった。しかも正月のしめ縄も玄関に置いたまま。慌てるように駆けつける。古いお札の場所、ベルトコンベアでどんどん奥へ流すのですが止ってる。キョロキョロ、ん誰も見ていない、ぽいっと投げ棄てるように・・。だが数人が見ていた。
「炮烙」もこの奉納のところで細々とやっていました。かなり次々と来ていました。書き終えやっと一安心。これで今年も家族親戚一同みな安泰に違いない。そう信じ奉納しました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR