FC2ブログ
2013.12.0922:21

◎2013年京都駅クリスマスツリー◎

12月9日月曜日。どんどん月日は経ちます。今朝は晴れ間が広がるも昼頃より曇りがちとなる。天気予報通りの空模様に計算通りに事は運ぶ。家出は早い!いや外出は早い!
鴨川御池大橋西詰から物語は始まる・・
13120901.jpg

13120902.jpg
西詰に漱石の石碑があります。滅多にここで立ち止まる人はいない。漱石は京都があまり好きではなかったみたいで、その日記に京都駅へ降り立った時から悪口を綴っているようです、あはは。

鴨川(右岸)沿いに北上
13120903.jpg
二条大橋先の飛び石手前、ドウダンつつじが綺麗です。鴨川はなぜか毎年遅く、間もなくかなり赤く染まる(筈)。・・北風に吹き飛んでしまうが早いか?

13120904.jpg

13120905.jpg
田辺疎水あたり。最近ここらへ鴨川に生息する生き物たちが集結しているようで、一番安全な場所なのかもしれませんね、静かだし広々としてるし・・。川鵜もこの数年ですっかり人間慣れしてしまい全く意に返さぬ仕草。昔は人間見るだけで飛び逃げてたんですよ。琵琶湖の竹生島から飛来しここらに住み着いている。年々その数は増え続け、駆除が必要となっています。

丸太町橋過ぎたところ
13120906.jpg
山紫水明処。賴山陽が住み着いた庵。彼は安芸の国出身で頭脳明晰でしかも人間味溢れ多くの門下生で賑わったそうです。ここで日本の未来についてケンケンガタガタ、いや喧々諤々の議論が交わされた事でしょう。なおこの真向いの対岸にも有名な庵がありました。知る人ぞ知る。・・・なおこの三本木は当時かなりの色町だったと言う事で、賴山陽もイメージとは裏腹に案外呑み助の・・だったかも?ここには今もその子孫の方が住んでおられます。

糺の森前 出町橋下
13120907.jpg
カモの餌やり人間をじっと待ち焦がれる鴨とサギども。なかなか来ないカモに鴨はかなりいらだってる様子でした。

下鴨神社・糺の森の紅葉見学後・・
13120908.jpg
御所の塀に積もったイチョウを眺めながら・・

一旦帰宅後 空がかなり曇って来て一雨の前に再度家出を!いや外出をと強行軍!
13120910.jpg

13120911.jpg
JR京都駅のクリスマスツリーをパチリ。ここ数年何も変わらない姿でした。

駅地下
13120912.jpg

13120913.jpg
1年振りくらいに地下へ来てみた。かなりお店が変わっていてビックリ!中央口にこのツリーが。一旦上)を写した後うろつき再び戻ってみると、ありゃ!なんじゃこりゃ!?下)電球が切れたか!?おかしいと怪しんでると間もなく上)の色に。単なる騙しでありました、あはは。・・見るからにド田舎の中学生たちに写真撮影頼まれる。それがまた懐かしき○×カメラ。ファインダー覗くと言っても恰好だけの枠を覗き込んで写すよーハイ!こんな見た事もないツリーを前に興奮気味の生徒たちは何度もお礼を言って走り去る。僕も踵を返す。


13120914.jpg
地上へ出るとこんな感じ。へー京都って田舎じゃなかったんだ。隔世の感の浦島太郎のような心境で何度も振り返りながら家路を急ぐ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR