FC2ブログ
2013.11.2920:58

◎2013年嵐山紅葉211/29日◎

11月29日金曜日。風が肌に冷たく感じる10℃前後の外気の中、嵐山紅葉探索の旅は続く・・
13112922.jpg
常寂光寺の反対側の小道。

13112923.jpg
常寂光寺から小倉池の方向(トロッコ電車嵯峨駅)。何とも言えぬ淡い雰囲気ですね。それ以上に人がぞろぞろ。平日で寒いので少ないと思ってたら・・。

13112924.jpg
その途中の個人さんのお庭?綺麗で人だかり。

常寂光寺から定番コースの落柿舎を右に眺めつつ・・二尊院へ
13112925.jpg

13112926.jpg
途中にトイレと喫煙場所があり、そこから見るススキの景色と、少し進んで綺麗な紅葉をパチリ。

徒歩でも5分で二尊院到着です
13112927.jpg
ここも矢張り多い多い、ゾロゾロ入って来るので人影で中が見えない。ここももうかなり散っており間もなく見納めとなる。

二尊院から黙々と奥へ奥へ・・奥嵯峨へ
13112928.jpg

13112929.jpg
化野念仏寺。バケノと呼んでもよろし。不気味な雰囲気にしてみました、あはは。急階段の参道あたりのみ一部残っていますが中はほぼ散り終えていました。

愛宕参道と言われる道をさらに進めば鳥居本
13112930.jpg
今に残るこの鳥居は多分愛宕山の境内はここから始まると言う事でしょうね、つまりここら数軒の茶店は愛宕詣の宿泊所だったのでしょう。出すものと言えば鮎か蕎麦くらいしかない。その昔の愛宕信仰は関西一円にその名が轟いており常にお伊勢参り状態に近い活況だったらしいですね。明治の世になり様変わりしてしまいました。それはまたいつか・・。

13112931.jpg

13112932.jpg
鳥居の所から更に急な坂道を進み、愛宕念仏寺前から清滝道?の大きな道路右へ360度方向転換、一気に駆け下りる。殆どノンストップ!

13112933.jpg
途中急ブレーキにてガードレールに擦れながらも難なく停車し、平野屋さんをバックの一枚をと接近も、何と、もはや枯れ木状態でした(ここは穴場だったのですがねえ、最近知れ渡ってしまった!急な坂のカーブの所なんで随分と気を付けてくださいよ!、)。

麓まで一気に駆け下り・・
13112934.jpg
大覚寺方面へ向かうあぜ道からパチリ。

広沢の池一歩手前
13112935.jpg
ド田舎の風景が今に残る極めて貴重な風景です。もはやこれだけまとまった農村地帯はないのでは?

帰り途上の広沢の池にて
13112936.jpg
川鵜がいます。

13112937.jpg

13112938.jpg
後ろの山なんでしたっけ?直ぐに忘れる。超望遠カメラを前に照るのをひたすら待ち続ける男性が数名、川岸に並んでいました。寒かろうに・・。

13112939.jpg
鯉こくって美味しいのでしょうか?食べた事がない。牡丹鍋は一度あるが、なんだか固かった記憶のみが残る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR