FC2ブログ
2013.10.2618:53

◎京都・鴨川にそろそろカモメが◎

10月26日土曜日。無風の中昨日一杯降り続いた雨も止み、これは台風なのか?と今朝から曇りがちも晴れ間が垣間見られこりゃはよ外に出んと!
13102601.jpg
家出前、いや外出前パソコン天気を確認。27号が横一直線に横断したため28号は行く手を阻まれ同じく大きく迂回。・・夕方見る天気予報ではもう27号は消えていて28号のみ。シベリア高気圧が大きく南下してきたようです。明日からかなり冷え込む本格的な秋の天気に。

かなり降った筈の京都地方ですが・・
13102602.jpg
鴨川・松原橋橋脚の水位計は1Mにも達しない僅かな雨でした。・・18号の時は3M50cmを超えました。

まだカモメちゃんはいない
13102603.jpg

110918[1]
これは一昨年に初見参の日=2011年11月9日の写真。大体例年11月3日の文化の日辺りに初飛来します。・・ユリカモメちゃんどもが止まり木代わりのテトラポットが、今年は18号の未曾有の豪雨で流されてしまい 上)の写真(ちょっと見えませんが、猛烈な雨の圧力に流され無くなっている)1年ぶりに訪れた京の都にあれ?っとどこに着陸するか?

0102902[1]
11月3日の文化の日を基準にすると一昨年は1週間遅れ。この写真は昨年初飛来日=10月29日。昨年は実に早く飛んできた。それはつまり寒波から逃れるための逃避行であり南下。昨年の冬は厳しかったですね。だから冬の訪れはこのユリカモメちゃんどもの初飛来日で大体わかります。


13102604.jpg
この鴨川も、特に桂川は川に積もり積もった砂が小山となり木が生え大木となり畑ができ、危険だから伐採砂を除去すると市や県が言うと某愛鳥団体が貴重な鳥の生態系が崩れると猛反対、これはなにも京都に限った事ではありません。だが、猛烈な災禍をもたらした18号。川が少しでも底が深かったら溢れかえらなかったのは言うまでもありませんね。人間の命と野鳥の命とどっちが大事なのか?・・日が照りだし、春先に川底にたまりにたまった砂の除去が行われましたが、ところどころこんな風に敢えて小山となった砂の山を残しています。川鵜が羽を広げ日光浴、手前では鴨どもがうたた寝、シラサギもぽつねんと時を過ごしています。

13102605.jpg
三条大橋の流れ。一見かなり降ったように見えますが、18号の時は両岸の遊歩道を超える推移となりました。未曾有の大雨だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR