FC2ブログ
2013.10.1222:36

◎伏見稲荷奉納六斉念仏◎

10月12日土曜日。三連休初日だがめぼしいお祭りは明日明後日に集中。今日は何もないのかとパソコン検索すると、あったあった!
13101201.jpg

13101202.jpg

13101203.jpg
急げや急げ!京都駅前東本願寺のイチョウを毎度の角度からパチリ。中)京都駅前某秘密の場所、ここは密かなチャリンコ置き場となっていて物凄い数の自転車が停められていましたがついにシャットアウト!駅西側に有料はあるもののこちら東側には全くなく、早急に対策を打って貰いたい。下)塩小路橋から七条大橋を望む。

東福寺の紅葉はまだまだです
13101204.jpg
13101205.jpg

東福寺からチャリンコで10分足らず やってきました伏見のお稲荷さん
13101206.jpg
13101207.jpg
今年お正月の初もうで以来。正月の七日間は発狂する人出で、今年は三日に来てみたものの余りの多さ、おまけに普段の駐輪場も臨時休止とあって七日以降に出直した。全く身動きできない状態におろおろするばかりでした。

13101208.jpg

13101209.jpg
何やらお祭りモードで、てっきり国会議員の「議員大祭」とばかり思ってたら「講員大祭」でした。氏子さん達の「講」のお祭り。次々といろんな団体が来ては帰っていた。

そんなせわしない雰囲気の境内でお目当ての六斉念仏が始まる・・
13101210.jpg

13101211.jpg
時刻はちょうど正午頃。暑かった!演ずるは「中堂寺六斉講」のみなさん。下はよちよち歩きの幼児から80のおじいさんまでかなりいます。真中の太鼓のおじさんがリーダー。

13101212.jpg
13101213.jpg
現在京都に残る芸能六斉はすべてで13組で、京都にしかない極めて珍しい郷土芸能です。すべて国の重要無形文化財に指定されています。色んな縁起があり、上)(越後)さらし。かわいいですよ。下)すべての六斉に残る「四つ太鼓」と言われるドラムの連打みたいな演技。四つの太鼓を連打するのですが途中からここ中堂寺は更に左右に二つ加え「六つ太鼓」となります。昔はどこにもあったと言う事ですがここのみ復活させています。最後に叩く真打ちは相当早く上手くまるでジャズのドラマーみたいです。

13101214.jpg
13101215.jpg
棒振り。これはここと壬生六斉にしかない演技です。壬生狂言と関係しています。下)猿回しと言う曲。猿真似、いや愛嬌たっぷりのお猿さんの如く豆太鼓を叩きながら廻る。猿にはできないが幼児にはできる初心者用の演技。演奏するメロディーも懐かしさ溢れるような素朴さです。

13101216.jpg
13101217.jpg
13101218.jpg
1時間と言う時間の制約上、あっという間に最後の「蜘蛛と獅子」。悪い蜘蛛が正義の味方獅子に蜘蛛の糸を巻き散らし散々苦しめる。失神し万事休す化と思われる獅子を六斉の太鼓を打ち鳴らし見事によみがえりジ・エンド。このまき散らした蜘蛛の糸を貰って財布に入れるとお金が貯まる。タンスに納めると服を呼ぶ=衣装餅になると信じられているようです。わーっと群がったのを確認後踵を返す。

13101219.jpg
伏見のお稲荷さんはこの鳥居だらけ。大から少まで一体全部で何個あるのでしょう?おそらく数十万個でしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR