FC2ブログ
2014.09.0317:33

◎2013年台風18号京都大雨◎

本日9月3日水曜日は忙しく写真0に付き、昨年9月15日に京都地方を襲った台風18号、その翌日のブログを再掲して見ました。・・忙しいと言うか本日は1日中グズラでありました、あはは。

昨日9月15日の夕刻より本格的に降ってきた台風18号の雨。夜から深夜にかけかなり激しく降ったらしいが、大いびきにて就寝中であり全く持って気が付きもしなかった。今朝遠い親戚からTELがあり、嵐山が凄い事になってると告げられ、慌ててパソコンを開く。
13091601.jpg
ヤフーの天気図。「大雨特別警戒」?ああこれが最近変わった警報か。何でも初適用らしいですね。記念にパチリ。

特別と言っても何ら特別な防具着用するまでもなくただ普通の格好にてチャリンコぶっ飛ばす!
13091602.jpg
13091603.jpg
松原橋から四条大橋方面を望む。松原橋の橋脚の水位計。よく見てください、この時11時頃ですがまだ2Mの位置。上の濡れてる部分は何と3M50cmを超えているようです。これはまさに異常水位、今まで見た事がない新記録です。昨年7月の大雨の時でさへ2Mでした。2Mでも滅多にない大きな大雨なのですよ。この濡れた部分は数日間乾かないので暇な人確認してください、生涯で一度か二度くらいの経験となる事でしょう。

松原橋→四条大橋→三条大橋・・と川沿いに北上開始!
13091604.jpg
13091605.jpg
13091606.jpg
四条大橋前後からパチリ。遊歩道も完全に陥没中。

13091607.jpg
13091608.jpg
13091609.jpg
三条大橋。橋の真ん中からパチリ。多くの暇人がカメラを向けていました。

13091610.jpg
13091611.jpg
13091612.jpg
三条大橋西詰より。ちょうど某テレビが実況中継中。ただ、もう晴れていました。昨年同様、流木が手前まで来ている。ピーク時は物凄かったでしょうね。

さらに北上!御池大橋→二条大橋
13091613.jpg
13091614.jpg
13091615.jpg
二条大橋横の飛び石の所です。地元の人ならわかりますが、ここらはかなり川幅がありゆったり流れる所ですが、ここでも流木が手前まで及んでいます、これも見た事がない。凄い大雨だったのは間違いない。

13091616.jpg
13091617.jpg
13091618.jpg
琵琶湖疏水(岡崎疏水)落ちる所、田辺小橋のところ。疏水の水も目一杯流していました。男性がしゃがみ込んで動かない、もしやにと思ってじっと観察も別段意を決しザブンと言う風でもなし、さらに北上開始。

13091619.jpg
13091620.jpg
荒神橋の飛び石のところ。ここの飛び石は一番でかく滅多に水没しないのですが、全く見えない。これも滅多に見れない光景です。地元の人達が寄り添うようにただボーっと眺め尽くす。

13091621.jpg
13091622.jpg
ここで引き上げる。嵐山が凄いらしいがそこまでチャリンコで行けない。引き返す途中、小魚が相当打ち上げられているのに気づく。よく見てください、遊歩道の手前まで流されています。見た事もない以上に魚まで打ち上げられてしまうのかとちょっとぞっとする。水たまりにはまだたくさん生きている奴がいて子供たちがすくっては川に投げ捨てていました、いや逃がしてやっていました。・・この魚、名前ど忘れ。なんとか言う、佃煮にして売ってましたよね。

13091623.jpg
13091624.jpg
引上げ途上、二条大橋橋脚の水位計。正午で2M。ここらまで鴨川の川幅は相当広く2Mまで上がることは滅多にない事だし初めて見ました。濡れてる部分は3Mあたりまで。これは実に画期的な、いや数十年に一度の大雨に違いない。・・ここから川下(三条・四条大橋方面)へはまだ遊歩道が水没しているため侵入禁止。地元消防団の人達が見張っていました。

13091625.jpg
13091626.jpg
三条大橋まで戻る。橋の下に鴨どもが避難中。橋を渡る途中、来た時より大分水位も下がっていて、時たま晴れ渡る好天に。
そして何事もなかったかのように商店街のスーパーへ向かうのでありました!
久しぶりにブログ作りました。何ら理由なしの「理由なきさぼり」でありました、あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR