FC2ブログ
2013.07.0318:03

◎2013年祇園祭りnews7/3日◎

7月3日水曜日。終始曇りがちの天気でしたが、先ほど17時ちょうど頃よりかなり厚い雨雲が接近し大雨状態です。ざーざーとかなり激しい。

朝 昨日くじ取りが終わった町内をうろついてみました・・
13070301.jpg
昨年に引き続き「山一番」という大金星を見事に当て、見てくださいこの文字!自信に満ち溢れた筆跡ですね、あはは。・・と言っても地元以外の人には殆ど?地元新聞見ても一番の筈なのになぜか一番は「長刀鉾」で二番がこの「カッキョ山」。わからない人に説明したらますます??で祇園祭りの面白みが薄れてしまいそうですね。まあ単純に言えば、進行方向一番最初の位置の巨大な「長刀鉾」が動かない事には後が身動き取れないよって毎年必ず一番先頭。その後の順番を巡って熾烈な駆け引き、争い。喧嘩はあかんとくじ取りに。
この一番の漢字は難しい奴ですね。相当ひねっている、あはは。

13070302.jpg

13070304.jpg
ここらで何やら雨粒がポツリポツリ・・

13070303.jpg
綾傘鉾さん、傘鉾一番と言ったって、他に、も1つあるだけなのでは?あはは。

船鉾町会所
13070305.jpg
今日は船鉾さんの御神体・神宮皇后のお面を箱から取り出して無事を確認する儀式の日。たかがお面、されど神面。このお面自体が凄いとか言うのではなく幾多の戦乱の中で守り通してきたその歴史が凄い。どんな災禍の時でもいの一番このお面を抱きかかえて非難した。財宝より家族よりこのお面が最優先。そう言う観点から見ればまさに生き証人ですね。誠に恐れ入ります。巡行本番にはこの大事なお面は箱に入れ後生大事に抱きかかえているそうです。も一つの、江戸時代初期に作られた同じお面を御神体にかぶせると言う事です。でもなぜお面をかぶるのか?

13070306.jpg
三条大橋を流れる鴨川。これでも水量は随分と多いのです。しかも鴨川はなんと畏れ多くも「一級河川なのです!

13070307.jpg
こんなポスター発見。

京都一の繁華街
13070308.jpg

13070309.jpg

13070310.jpg

13070311.jpg
狭い空間に、寺町商店街と薪京極商店街が並行していますが、実は4つにブロック分けされています。どうでもいい事ですが、飾り付けが各自各様ですね。すべてつながっているのですが。

八幡山の町会所
13070312.jpg
左甚五郎作のつがいの鳩。毎年「左甚五郎作 鳩」と実に素っ気ない紙を垂らすだけなのがいたく気に入っていたのですが、昨年新たに新調され都合4羽の鳩が出迎えてくれますよ。
左甚五郎と言えば架空の人物みたいに言われていますが、確実に実在していますね。日本中にその痕跡を残していますが、どうも大工の棟梁デビューは方広寺に今も残る超巨大梵鐘「方広寺の鐘」の鐘楼を手掛けたのが最初見たいです。・・江戸時代、大工なんて最下層の仕事。どんなに腕が良かろうが才能があろうがたかが大工。この名字も親方か誰かにその才を認められ恰好ばかり貰ったのでしょう。一切の資料なしで、小説の類を数冊読みその結論。だが、今で言えば新進気鋭のデザイナーであり1級建築士だったと言えるでしょう。想像を木に掘る、まさに芸術家ですね。

13070313.jpg
家に帰ったら選挙のはがきが届いていました。毎回美人度で決めていたのですが、はて今年は・・?あはは。数年前ポストの葉書が盗まれたことがあり、おかしいおかしいとついに選挙当日になっても届かず、とうとう手ぶらで投票所に行き事情を放すと、あ!そうですか!・・でOK。一体何なのだ?

下京図書館に飾られるミニチュア
13070314.jpg

13070315.jpg
「大船鉾」は来年完成と言う事です。よって今年の巡行は例年通りの17日限り。昨年同様御神体のみカラビツに納めての参加。上)の現存する「船鉾」と比べると神殿が本格的な唐破風作りですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR