FC2ブログ
2013.03.3120:11

◎岡崎十石船と平安神宮紅シダレ◎

祇園白川から川沿いに平安神宮へ
13033115.jpg
大鳥居手前に桜の大木二本あり。かなり巨木です。・・これも散るのが早い、あっという間に散り終える。

13033116.jpg

13033117.jpg

13033118.jpg

13033119.jpg

13033120.jpg
昨日から始まった「十石船」がせわしなく疏水を行き交う。15分間隔とか。昨日チラリと船着き場を見てみましたが待ち時間10分程度みたいですよ。まだ何となく肌寒いんで皆さん躊躇してるのかな?・・これがポッカポカ陽気になれば途端に大行列となります。

13033121.jpg
疏水上の桜。この白さにいつまでも立ちすくむ。

13033122.jpg
こんな桜に囲まれた琵琶湖疏水を遊覧。料金1千円也。自動音声のガイド付けたらどうかな?疏水の歴史なんて殆ど知られていない。どうでもいいことか?あはは。

13033123.jpg
疏水が鴨川に落ちる終点。地元ではちょっとした桜並木なんです。・・どこにでもある風景。

再び戻って平安神宮へ
13033124.jpg
前にある岡崎公園のシダレが開花直前。これも相当早い開花です。毎年ここらは4月の10日頃から開花が始まるのですが・・。

13033125.jpg

13033126.jpg
平安神宮「神苑」の紅シダレ。開花が始まったようです。これも同じく相当に早い開花です!入場にジグザ9を敢えてこしらえています、混雑緩和策。・・ちょっと簡単にここの紅シダレの歴史を。その昔かの伊達藩主・伊達正宗公が上洛した折、綺麗な枝垂れ桜がいたく気に入り仙台へ持ち帰った。それから時代は移れど後生大事に育て続け、明治維新となりここ岡崎の地に「平安神宮」なるものを作る。池に植えるのは何がいいか?桜にしよう、だがいい木がない、あれこれ探ってるうちに仙台藩にかような謂れのシダレがあると聞きおよびそこから何百年ぶりの里帰りと相成った。

13033127.jpg
左近の桜満開に。ここのは巨木です、御所の数倍はある。後ろが紅シダレ。いつか一度は見てください、圧倒されるスケールとその美しさです。ただし拝観料が要ります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR