FC2ブログ
2013.02.2322:01

◎皇后の夢◎

京都東山。八坂神社隣の寧々さんの高台寺横の大きな道を真っすぐ高台寺を左手に見ながらさらに突き進むと京都霊山護国神社に到着。ドン突きですね。後ろはもう山。ここの住所は京都市東山区清閑寺霊山町 で、あの清水寺後ろにある歌の中山・清閑寺と言われたかつての大寺を偲ばせる。ここまで領域だったのです。

13022311.jpg
その山の山腹に維新で活躍した名士たちが眠る。・・この駅の改札みたいなのが入口。300円の切符買って入ります。入ると言ってもお墓の中へ入るのです。数々のお墓があり。


13022312.jpg
その一角に坂本竜馬のお墓。この写真、右手に大きな石碑が。漢文で書かれたその碑文を見る人は今や誰もいない。そこに書かれているのは・・、


13022313.jpg
日露戦争勃発直前の明治37年2月、明治天皇皇后(承継皇后=皇太后)の夢に白衣の男が現れ、曰く「私は坂本竜馬と言います。この度露西亜と戦になるにあたって、私が日本海軍を護るのでご心痛に及びません、どうぞご安心を。露西亜艦隊は撃滅させます」。皇后は翌朝さっそく側近にその夢を語り現れた男の確認を支持。竜馬とわかり確認で写真まで取り寄せたところ間違いなかったという。この石碑は日露戦争直前に建てられています。


13022314.jpg
竜馬は勝海舟のもとで船に関するあらゆることを学び吸収し当時としてはずば抜けた海軍技師でもあった。このスクープは当時の新聞に載っており国民は驚いたという。


13022315.jpg
その竜馬が夢枕に手語った露西亜艦隊と言うのはウラジオストックにある太平洋大艦隊の事であり、あの世界的に有名な日本海海戦でのバルチック艦隊は、この太平洋艦隊が大敗北壊滅に陥った為に時の皇帝ニコライ二世が激怒し露西亜最強=世界最強だった北欧の港のバルチック艦隊を遠路はるばる、ほぼ地球を一周、アフリカ喜望峰回りで日本へ向かわせたもの。

このウラジオストック大艦隊も相当強力な船団で、余りと言うか殆ど知られておりませんが戦争が始まる前からかなり小競り合いがあり日本の戦艦はかなり静められています。当時はまだ飛行機などなく、海を制する者が覇者となる=大鑑主義であり、日本としても何があってもこの太平洋大艦隊を打ち破らねばならなかった。・と言うより世界は世界最強(当時)露西亜帝国にアジアの小国が勝てるわけがないと誰もがそう思っていた。

皇后の見た夢、それは勝てるわけがない世界最強の帝国に挑んだ我が明治新政府の試練であり、その夢は大きな鼓舞となって一人一人の兵士たちの胸に焼き付いたに違いありません。そして奇跡は起きた。
なおウラジオストック=東方を制すると言う意味です、ふざけてますね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR