FC2ブログ
2013.02.0121:55

◎如月朔日・京都は平穏◎

二月に入りました。はやいものですね、間もなく梅が咲き続けて枝垂れ桜と春へ突入。なにもshなくとも腹は減るし何もしなくとも月日はまさに光陰屋の如く突き進む。座して歳を取るよりも有意義な人生を!

・・と早々に家出 いや外出です
13020101.jpg
今朝の温度。窓引っ張り開けてもそんなに震えるほどの寒さでもない、やはりパソコン温度計は信憑性に・・?今日は日中久しぶりに10℃を越え、21時過ぎの現在でさへ11℃。ついに雨が降ってきました。

13020102.jpg
朝、某お寺さんで地震雲?・・よく見るとどうも飛行機雲ですが、後ろ薄い三本の線が飛行機雲。これは垂直に延びている。だがやはり飛行機雲と断定しすたこら横断歩道を渡り消え去る。最近再び東北地方で地震が再発するようになり極めて憂慮すべき事態となっています。あの3:11の大震災で大きくプレートが弾け飛び、それで収束かと思いきやまた2年近くたった最近活発に。プレートは常に動いています。だから地震が起きるのは当り前ですが、最近東北沖の震源地とは別に日本中で微震が頻発していますね、これは(明らかに)火山性微震です、つまり地底奥のマグマの流れが活発になったという事。火山噴火の朝貢が間もなく起こる筈ですが、痛いどこの山なのか全く?だがやはり関東では富士山か浅間山かな?九州なら姶良カルデラと言って鹿児島の桜島あたりが危ない。かつて(ほんの7500年前)喜界カルデラが超大爆発を起こしています。暇な人は暇な時に学びましょう!とんでもない大爆発で縄文文化が壊滅。・・なお有史以来の日本における最大の噴火は(全く知られていませんが)富士山でも阿蘇・桜島でもなく、なんと十和田カルデラ(十和田湖)です。西暦915年(だったか?)巨大噴火で山頂が吹き飛んでできたのが十和田湖。なお現在世界で最も危険な超巨大大噴火を起こす可能性があるのは何とアメリカイエローストーン国立公園です、これも暇な時調べてみてください、想像を超える大噴火が過去幾度も起きており、今回噴火が始まれば人類の危機とさへ言われるほどです。

六波羅蜜寺
13020103.jpg

13020104.jpg

祇園白川の梅
13020105.jpg

13020106.jpg

鴨川
13020107.jpg

13020108.jpg

13020109.jpg

13020110.jpg
上)毎度三条大橋のユリカモメども今朝はカモどもと戯れていました。後は丸太町橋からみた川の浚渫工事風景。鴨川はこう見えても一級河川です。すべての土砂を取り除けるわけがない。部分部分残し(愛鳥家たちがやちょ保護の為残せと言うらしい)だがそれでも相当深くえぐって浚えています。5年前位正面橋~七条大橋間の相当広い川幅の川底をすべて浚える大々的な浚渫工事がありました。あそこらの自然形態が全く分かるくらいのたまりにたまった土砂をすべて取り除き現在のように。だがそれでも直ぐに鳥たちは戻ってきます。大洪水で万培地の事を考える時、やはり現在の鴨川は流す川と捉えるべきだと思いますね。

13020111.jpg
下御霊神社さんの節分、良く知らないが境内に大きなテントが三つばかり。結構大々的にやっているみたいですね。

御所
13020112.jpg

13020113.jpg
上)梅林の梅。下)御所の宗像神社さんの水仙が咲いていました!他も開花間もなくです。・・京都市内では水仙は珍しいのですよ!

13020114.jpg
商店街ど真ん中。矢田寺さんの節分。見にくいけど「甘酒無料」!こりゃ何があっても駆けつけなければ!

13020115.jpg
再び三条大橋下。やっと川鵜どもが現れる。琵琶湖・竹生島から飛んでくるので遅くなるのかな?もうそんな事はないでしょう、どこか近くに住み着いている筈。だがこやつらは間もなく間引きしないと鴨川の生態系が崩れてしまいます。潜っては川魚根こそぎ飲み込む。それはすなわち死の川を意味しサギや鴨どもが住めなくなる。他の水辺の鳥たちにも悪影響及ぼすのは必至。早めの荒治療がいと思いますね。この2,3年で一気に増えています。ほっておけば一気に増殖してしまいます。

南禅寺
13020116.jpg

13020117.jpg

13020118.jpg
水路閣に咲く花。境内の狸夫婦。そして下)は皆さん知ってる水路閣のその先、現役で水は流れています(京都市内の水道水の90%は今もこの琵琶湖からの疎水に頼っています)。南禅寺一番上のこの場所を通ってそのまま哲学の道へと続く。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR