FC2ブログ
2012.12.1811:47

◎壇ノ浦◎

関門大橋がかかる辺りが壇ノ浦。
0121653.jpg
市営バスはなくサンデンと言う民間会社のバス停。・・壇ノ浦と言う謂れをあれこれ調べるも全く出てこない。推測ですが、さらにその昔、神宮皇后率いる日本大艦隊が瀬戸内を一路南下、ここ長府と言う土地に上陸し壇を築き占いをしたという故事にちなむと思います。今もその長府の町に壇具川が流れておりそう言う言い伝えがあります。

0121654.jpg
船の行き来がかなり激しい。交通の難所らしい。地元のベテランパイロットが甲板上から右左と指図するらしい。

0121655.jpg
関門大橋過ぎてすぐに火の山。昔の関門トンネルの人道(下が車で上が人道だったか?)海底を歩いて渡れる。その海底人道を進んで行くとちょうど関門海峡中間あたりが山口県と福岡県の県境。

みもすそ川と言う川が流れ着く河口が壇ノ浦
0121656.jpg

0121657.jpg

0121658.jpg
その昔都で栄華を極めた平家も源氏方に追い詰められ最後の最後、ここ壇ノ浦で命運をかけた最後の総力戦。

0121659.jpg
天下を二分する大合戦は源氏の圧勝と趨勢は決し、平家は幼帝・安徳天皇入水を見届けるやいなや次々と激流の海へ身を投げて行った。海の底にも都があると信じ・・。ここに平家にあらずんば人にあらずとあらゆる意味で日本の頂点に君臨した平家はあっけなくも崩れ去り海の藻屑と消える。


同じ場所 みもすそ川公園という海峡傍・・
0121660.jpg
時代は大きく変わり明治維新黎明期。ここ長州藩は革命的思想と共に「尊王攘夷」論がまだ渦巻いていた。異国人を日本から追放する。ここ関門海峡をわがもの顔で通る異国船には直ちに砲弾の雨嵐を。つまり海峡閉鎖を強行。

0121661.jpg

0121662.jpg
数カ国の軍船が攻撃を受け、それを待ってましたとばかり英米仏蘭4か国連合艦隊が総力を挙げここへ集結、報復攻撃を開始。圧倒的破壊力の前に長州藩砲台は歯が立たずたちまちのうちに上陸さへも許してしまいあっけない敗北。

0121663.jpg
この砲台陣地はここ一ヶ所のみではなく、彦島から長府と言う海岸線約5キロ?に渡って陣地が築かれ絶対に通さないと言う意気込みの凄さが伝わってくる。対岸の門司側にも陣地があったという事です。

0121664.jpg
これだけ総力を挙げての海峡閉鎖も列強軍艦の破壊力には全くの無力だと悟った長州藩はこれ以降全面対決=攘夷から開国止む無し論へと一気に転換。特に高杉晋作の抜きん出た先見の目により大国へ負けない国作り=富国強兵の礎が確立。この期に及びはや長州藩は徳川幕府崩壊後の近代国家日本のシナリオを描いていた。

0121665.jpg
崩れ去る大国「清」の姿を目の当たりにし長州藩の目は江戸幕府以上に海外に向けられ、何があっても「清」の二の前、植民地にはならないさせない。為に近代国家作りを急ピッチで推し進めざるを得なかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR