FC2ブログ
2012.11.2219:36

◎太秦・広隆寺の紅葉とお火焚き祭◎

本日11月22日は聖徳太子が亡くなられた日。そして年にたった一度、本日のみ太子の像が御開帳される日。
0112214.jpg
太秦広隆寺。読めませんね、昔の字は難しい広隆寺の寺をちの字の尻尾にとぐろを巻かせ点々、つまり「ち」にてんてんで「ぢ」。濁らせない配慮が何とも憎たらしいですね。

0112215.jpg
皇太子の文字も。広隆寺は歴史は相当古く、聖徳太子を弔うため秦氏が建立したものですね。つまり聖徳太子は実在した人物です。

こう言う大きなお堂がありその辺りに・・
0112228.jpg

0112216.jpg

0112217.jpg

0112218.jpg

0112219.jpg

0112220.jpg
前庭に僅かではありますが今ちょうど見ごろに染まっていました。

境内を真っすぐ進んで行くと・・
0112221.jpg
斑鳩の里を連想させるような文字ですね。歴史の話しても誰も読まないので一切なしの現代風に。

0112222.jpg

0112223.jpg

0112224.jpg
この本堂裏手が国宝「弥勒菩薩」がある所。紅葉やサザンカが咲いていました。

この本堂・太子殿の奥に「聖徳太子立像あり・・
0112225.jpg

0112226.jpg
年に一度、命日の本日のみ御開帳。お堂は超満員。撮影厳禁!

0112227.jpg
お経が済み山伏たちのほら吹き、いや法螺貝が鳴り響く。

この後場所を変え・・
0112229.jpg

0112230.jpg
護摩炊きの始まり。

0112231.jpg

0112232.jpg

0112233.jpg
街中と違ってかなり広い境内も手伝い燃えるに任せほったらかし。物凄い勢いで燃え上がりました。
広隆寺=秦川勝建立。彼と聖徳太子は阿吽の呼吸で日本の近代化を推し進める。
「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々」」・・今日に太子が生きておられたら尖閣問題に置いていかような対処をなされておったのでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR