FC2ブログ
2012.11.2122:05

◎東寺・弘法さんから東福寺へ◎

やっと二つ目のブログの文章が書けるように。写真選別で発狂しそうです、あはは。

梅小路公園からJRの線路反対側直ぐの東寺へ・・
0112121.jpg
毎年この11月が一番多い。この数年間ずっと日本晴れの汗の出るような好天続きでしたが、今年は午前中一杯曇り。経験上今年はかなり少なめでしたが、それでもやはり相当賑わっていました。例年の日本晴れだと身動きが取れない大混雑でしたが。おまけに今日日中はかなり肌寒く、ちょっと知り合いの受付のおじさん葉ストーブ焚いていました、マジにじり寄って暖を取る、あはは。

0112122.jpg
空海の銅像の所は身動きが取れず。ここの混雑ぶりで入り具合が大体わかる。

0112123.jpg

0112124.jpg

0112125.jpg
今年の冬は例年いなく早目に訪れそうですね。だが早いのではなくあくまでも暦上はこれが当たり前で、11月に初雪が降るのは当り前でした。・・昼からからりと晴れ渡り午前中の遅れを取り戻したことでしょう。お大師さんの周りに人が集まって今日も賑いの市でした。もう一体何百年続いているのでしょう?不思議なくらい人が集まってきます。

東寺を後にしてJR京都駅前まで戻り・・
0112126.jpg

0112127.jpg
上)JR京都駅と下)その前の烏丸通りをパチリ。

0112128.jpg
塩小路橋から七条大橋をパチリ。橋の間からユリカモメどもの大軍が垣間見れます。もう真昼間と言うのに何してんだろう?

JRと京阪共同の東福寺駅・・
0112129.jpg
どちらかの電車が付く度にこんな光景が再現なしに・・。向かいから車がどんどん走ってきます。そして直ぐ先は非常にややこしい交差点があり、地元民でしか判断できないような実にへんてこりんな交差点あり。非常に危険です。降りたらゆっくりと歩くように!・・なぜなら慌てまくって急いだって

0112130.jpg
ガウン橋渡って東福寺へ向かう見物人たち。これは今から行く人の群れ、これに見終えて帰る人が増えだすと来る人帰る人の列で大混雑に。

0112131.jpg
ガウン橋。今年はここの警備員は二人に増え、かなり口やかましい。直ぐ逃げました。

0112132.jpg

0112133.jpg

0112134.jpg

0112135.jpg
東福寺はかなり混雑していました。ここは言わなくとも天文学的観客が訪れるのでもう言う必要はないですね。ただ見頃は迎えたようです。

昔の東福寺はこんなんではなかった・・
0112136.jpg
なんか白々さを強く感じ慌てるように後にし、三十三間堂まで戻ると、空にこんな変な雲発見!渦巻き状。こりゃ滅多に見た事がない。よく見てください、したから竜巻のように渦を巻いている。これは竜巻なのかそれとも磁気嵐によるものなのか?で、だが今の所地震は起きていない。ただ飛行機雲でない事は確かです。多分竜巻ですね。それだけ暖気と寒気が入り混じっているという事。

0112137.jpg
再び三十三間堂真裏に位置する「養源院」さんの紅葉を。


鴨川へ出る
0112138.jpg
七条大橋からユリカモメどもをパチリ。向かいは荘園橋。

0112139.jpg
その正面橋から別の軍団をパチリ。向かいは五条大橋。

0112140.jpg
五条大橋を過ぎ次の松原橋の所の毎度のユリカモメども。誰も来ないので半分寝ているようでした。ご覧の様にカモメと鴨は非常に仲が良い。初飛来の日から鳩どもを追っ払い早々に領空圏を奪取も鴨の領海圏は決して奪わない。仲間意識がなせる業なのでしょうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR