FC2ブログ
2012.11.0119:05

◎秋一色・ねねの道あたり◎

寒波襲来とは言えまだまだ温度は10℃以上。絶好の体育の秋とばかり健康を兼ね走り回る。
0110118.jpg
街中・因幡薬師堂さん表左右のこの燈籠、後ろに文化12年。1815年。真ん中の読めない字、乙亥(きのとい)でしょうか?昔の文字は漢字とひらがなを合わせたような難しい文字で、省略文字でしょうが今の僕らには殆ど読めませんね。・・江戸時代の文化の方が遥かに高かったようです。

六波羅蜜寺
0110119.jpg

0110120.jpg
狭い境内に可憐に咲く花。なまえがわからん。・・間もなく11面観世音菩薩の御開帳。12年に一度、辰年のみ。国宝です。馬鹿でかいですよ。それ以上にそのお顔がとても柔和で、微笑みかけているようです。空也上人が彫った(作った)ものと今に伝わる。奇跡的に現存です。


どうしても八つの坂がどれなのかわからない所にある八坂の塔
0110121.jpg

0110122.jpg

0110123.jpg
塔の周りをパチリ。紅葉はまだでした。


高台寺=高台院=ねね=秀吉の奥さん=淀君の天敵・・
0110124.jpg
この山門、殆ど朽ちかけていましたが修復されました。・・ここら一帯、すべて高台寺の境内でした、今残る境内は往時の10分の1です。如何に広かったか想像できますか?

0110125.jpg

0110126.jpg

0110127.jpg
ねねの道入り口。

0110128.jpg
円徳院さん。入口だけですが、綺麗ですね。

0110129.jpg

0110130.jpg
かなり急な階段を登りつめると・・

0110131.jpg
高台寺です。まさに高台にある、そのまんま、ストレート、あはは。市内がかなり一望できますよ。

0110132.jpg

0110133.jpg

0110134.jpg

0110135.jpg
このねねの道周辺は、ハタと気が付いたのですが、江戸時代にタイムスリップですね。近代的ビルが何一つないのがいい。寧々が生きた時代へそのまま入り込んでしまうようなその雰囲気がいいですね。・・ただm今日みたいに人が少なければなおいいのですがね、あはは。それとここは車が通る道ですが、制限速度を設けてほしいものです。最高10キロ。9分9厘観光客なのでみなさん解放感から大手を振って歩きます。タクシーも次々と乗り入れてきますが、ここは、ここも「歴史的風土保存地区」につき、絶対最低でもクラクションは鳴らさず、人様の歩む速度より遅い制限を!あはは。まあ僕も滅多に来ないのですがね、観光客がなぜここに来るのかが痛いほどわかるもので、兎に角静かな環境を!

0110136.jpg

0110137.jpg

0110138.jpg
ねねの道と円山公園カンチャン、微妙なところ、音楽堂の所。西行庵と言うのがありますよ。

0110139.jpg
円山公園ど真ん中の池。アヒル夫婦が偉そうにふんぞり返る!ここの紅葉はこの一枚にて推測の程を。

お隣さんの知恩院
0110140.jpg

0110141.jpg

0110142.jpg
知恩院さんの紅葉も地味ではありますが、大事に育てています。染まれば、静かな空間に気品溢れる色合いを演出してくれます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR