FC2ブログ
2012.10.1716:16

◎京都津軽町・高松神明神社お祭り◎

本日10月17日は昼間一杯雨につきめぼしい写真が撮れなかったため続いて昨日の写真です・・。
0101713.jpg
昨日は絶好の日本晴れ、温度も半袖でさへ汗ばむほどで体力の限界へ挑戦とばかりウロウロ・・。・・こんなところをさまよってると又もや新旧の標識発見!町名は一緒も、上の部分、今は中京区ですが、旧上京区。區の字になってるところが凄い、昔の人は手紙書く時この旧文字使っていたのでしょうね。因みに中京区ができたのは昭和4年の事です。案外と知られていない。

この姉小路通りをひたすら西へまっしぐら・・
0101714.jpg
二つのポスターが運よく並んでいました。この姉小路通りはあねやこうじ、あねがこうじあねのこうじあねこうじ・・と十人十色で言います。決まりがあってないようなもの、一応標準的にあねやこうじですが。そしてこの通り名の由来は、あれこれ調べ尽くしてもはっきりとしない、多分御所となりの「護王神社」主神・和気清麻呂の姉=広虫(和気広虫)、彼女が仕えた孝謙天皇(上皇)がそりゃもう立派な人で貧しい人を見たら即座に救ってやったと言う。広虫はその後生涯を通じ孤児の養育に励んだと言います。つまり今で言う孤児院みたいなのをこの地に建てたらしい。それでその遺徳に敬意を表し「姉小路」通りと呼ばれるようになった(らしい)、あくまで僕個人の推測ですが、間違いないと思います。


その御池通り一つ下の姉小路通りををさらに西へ進み
0101715.jpg
新町通りから急な下り坂となる。スイスイ進む途中にこの神社あり。常にqブレーキにて停車。

0101716.jpg
高松神明神社。町名は中京区津軽町。・・この鳥居真っ白ですね、珍しい。

0101717.jpg
この21日、つまり時代祭前日の日曜日の巡行コース。所要時間も載っていて、約2時間で帰り着くと言う無駄のない巡行。そういや昨年この神輿見ました。ご多分に漏れず街中の神社さんなのでスリムでスマート。だが相当古いみたいです。

0101718.jpg
ちっちゃな神社ですが神輿が繰り出すだけでも立派ですね。こっそり見に行きます。


そのまま西へ進み・・
0101719.jpg

0101720.jpg

0101721.jpg
毎度の徘徊コース、JR二条駅近くの激安スーパー目指す途上の二条城。上)は横断歩道真ん中でパチリ。イチョウの黄色を何とか撮りたかった。下)南門。最後の将軍慶喜はここで大政奉還後夜陰に紛れるかのようにこの門から抜け出て大阪城へ向かったと言う。

0101722.jpg

0101723.jpg
信号待ちの間にパチリ。抜け目がない、あはは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR