FC2ブログ
2012.10.1617:30

◎写真で綴る池田屋事件◎

京都の繁華街木屋町辺りは明治維新黎明期革命軍、幕府軍、どっちつかずの半端者・・、それぞれがこの狭い空間にひしめき合っていました。大から少まで様々な事件が日常的に起こるも、やはり「池田屋事件」が最大で最悪の血なまぐさい事件でした!
0101613.jpg

0101614.jpg

0101615.jpg
四条小橋近くの繁華街の裏路地、ここが古高氏が枡屋と変名し商人に成りすまして刻々の情報を密かに長州藩に報告していた。・・ここも現役のお店です。


そのスパイ活動を察した新撰組が彼を引っ掴まえ・・
0101616.jpg
四条壬生、嵐電の電車が通り過ぎるのをじっと待ち連行。

0101617.jpg
壬生寺傍、八木邸向かいのこの前川邸(ここも新選組屯所)、身の毛もよだつ凄まじい限りの虐待にてついにゲロ!

その確かな情報によれば某月某日 長州藩常宿の・・
0101618.jpg
今変な名前の炉端焼きになっていますが池田屋です。ここで勤皇藩士による天皇強奪の密議が執り行われるという。何とか功をあげようと必死の新撰組は怒涛の如くなだれ込む。

あっちゅー間にけりがつき・・
0101619.jpg

0101620.jpg
倒れた長州志士たちはこのお寺さんに眠る。・・三条京阪の今自転車置き場の所です。

0101621.jpg
その近く、今日もおじさんは座り込んだままでした。幾分腰が曲がったように見えるのは多分気のせいだと思います。カエデが更に染まってきました。

0101622.jpg
竜馬の竹馬の友、中岡慎太郎氏が住んでいたお家。二人が最期を遂げた近江屋と河原町通り向かい側にあります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR