FC2ブログ
2012.09.2319:31

◎京都池田屋・船中五策◎

今日は明け方まで降り続いた秋雨前線の影響でヒンヤリ。降らないものの空はどんより曇ったまま。

ええいままよと平安神宮レッドーカーペットへ・・
092319.jpg
途中寄り道し長話になったため到着は12時前、終わってたみたいで早々に踵を返し三条大橋渡り街中へ。・・この池田屋方向へは滅多に来ないが、本日前をトコトコチャリンコ押しながら通り過ぎる時、店頭のお品書きが目に止まる。なんて言うのか?体のいい炉端焼きみたいな感じで小ざっぱりとしているようです。観光客にはバカ受けなんでしょうね?アイデアに感服。長州藩士も新選組も草葉の陰から苦笑い?

092320.jpg
これは凄い!「船中五策」。・・池田屋はずっとパチンコ屋さんでしたが閉店し、昨年からなんか東映太秦関係?のお店になったみたいです。今日通ってみると暖簾が新たに追加されていました。

スーパーから寺町通りを北上中霧雨みたいな小雨が降りだし・・
092321.jpg
にっちもさっちもいかんので、ここ革堂さん入口門をお借りして雨宿り。一向に止まず、それどころかますます音が聞こえる位の激しさに、キョロキョロしてると、この入口の「西国19番札所」の横に「一条こうどう」の文字が。初めて気が付いた。・・秀吉命によりこの地に強制的に移転させられ、それまでかなり広かった境内も現在の広さに、あれこれ所狭しと並べられている。確か一条小川だったかな?あそこらに革堂町(元)が残っていますね。・・それにしても昔の人のなんとしゃれている事!加うだうですよ。この加の文字がひらがなのか「か」なのか漢字の「加」なのか、あるいはどっちつかずの今では理解できない両方に採れる文字なのか?漢字にも見えるしひらがなにも見える。現代より遥かに進んだ高度な文化があったのは確かですね。古典に学ぶばかりです。

092322.jpg
入口門の天井をじっと睨みながら止むのを待つ。途中目の前の信号で信号無視の幼女のチャリンコが跳ね飛ばされそうになるのをまるで夢の世界の出来事ように見つめる。

10分以上待機 やっと止む 革堂さんに感謝し一気に寺町を北上・・
092323.jpg
着きました。萩の「梨木神社」さんです。ところがついた途端又もや、今度はかなり激しい本格的な雨脚に。・・実は茂山さんとこの狂言を楽しみに来たのですが、なんと午前中に終わってる!とほほ。毎年昼過ぎの14時頃だった筈ですが?・・この秋分の日の俳句の大会に合わせ毎年「萩大名」と言う曲を演じるのです。大尽が太郎冠者をひき連れ下京の何とか某と実名のお家へお邪魔するという設定がどう考えたっておかしく、そんなのあり?と毎年見ていたのですが・・、とっくに終わってるし、雨は本降りだし、又もやここで10分の足止め、とほほ。

やれやれやっと小降りになった・・
092324.jpg
こま鼠の如くうろつく・・。本殿。

092325.jpg

092326.jpg

092327.jpg
なんて言うんだろう?花の寿命ではなくこの一気の急激なる冷え込みに花が壊死?かなり散っています。こんな事も珍しい。

092328.jpg

092329.jpg
短冊の一句もそれぞれが真心がこもった秀作揃い。白い萩と言うのもまた乙なものですね。

092330.jpg
毎回こんな選考があります。一番右が最優秀賞の京都府知事賞。この女性、毎年見受けられる常連さんで島も毎年なんらの賞を受賞と言うかなりの歌人です。・・でも今年のはなんか駄洒落っぽいような、何となく苦笑いしてしまうようですね。・・まるで僕への当てつけにも見えてしまう、あはは。御苑とどうしても言えない、御苑と言うとどうしても新宿御苑が浮かんでくる。やはり京都は御所で統一した方がいいと思いますが・・?・・見た瞬間吹き出す。

092331.jpg
この梨木さんの名水中の名水「染殿井」は毎年こう言う感じ。みな知っている筈ですが、やはり井戸まで来てあれ?とこの文言見てすごすご引き返す姿がちらりほらり。

092332.jpg
その後ウロウロ・・、神泉苑を訪れた頃にはこんな眩しい日差しが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR