FC2ブログ
2012.09.0916:08

◎上賀茂神社・烏相撲◎

世にも奇妙な「烏相撲」。何度見てもいくら見ても謎は深まるばかり。

090921.jpg
小さなパンフレット。一応氏子による奉納相撲でどこにでもある風景。だが・・

090922.jpg
斎王代様のお出まし。斎王代=天皇の代理。・・葵祭の人ですね、美人です。

090923.jpg
じれったそうにその時を待つ子供たち。後ろのカメラマンとのコントラストが実に良いですねえ・・自画自賛。

090924.jpg
鳥と書いてカラス。害虫ではなく神聖な神の使い、「八咫烏」ですね。山で道に迷った神武天皇を導いたことに由来。八咫烏=賀茂族と言い伝えられています。


子供相撲の前に 始まりました 摩訶不思議な儀式
090925.jpg
先ず左右から、交互にピョンピョンと飛び跳ねながら中央に並び、ご覧の弓と矢を斎王代の前に差し出す。

090926.jpg
再びピョンピョンピョンと、3度に分け交互に左右に戻る。

090927.jpg
再び交互にピョンピョンと飛び跳ね、今度は刀を差しだす。

090928.jpg
このピョンピョンが実にタイミングが合わない。観客が溢れ、有料席の後ろからなんでかなり難しい。この1枚のみ何とか飛び跳ねているように見えますね。

090929.jpg
こうして自らの戦闘武器=弓と矢と刀を天皇の前に差しだす=抵抗の意思なし。

090930.jpg
3度目。同じくピョンピョンピョン。今度は丸い御座を持っています。

090931.jpg
斎王代の前で胡坐をかき座り込む。

余りに貴重な瞬間
090932.jpg
ここで、なんと左右に座り込んだ禰宜と祝(ほうり)が交互に「か~か~か~♪」「こ~こ~こ~♪」とカラスの鳴き声を発する。交互に3度繰り返す。

090933.jpg
これでへんてこりんな儀式は終了。差し出したすべてを持ちかえる。

090934.jpg
最後の最後まで、あくまでもピョンピョンピョン!

何だこりゃ!?この歴史は定かでないようですが、勝手な推測では、平安の都が築かれた時からではと睨んでいます。更にまだ古いのかもしれません。ただ・・

奈良時代の後期に入ると朝廷の後押しを受け“賀茂の社”は上下に二分され、上社(じょうしゃ)を「上賀茂神社」 、下社(げしゃ)を「 ... 年)後、王城の鎮護社となり伊勢神宮に次ぐ尊崇を受けることとなり、勅使による奉幣など国家の最高神として扱われる大神社・・、とあるようにもうこの頃には皇室と賀茂族は一体化されていますね。と言う事はこれよりさらに古いと言う事かな?



090948.jpg
この後子供相撲があり熱い応援と笑いで盛り上がります。その後「菊酒」が無料で与えられますが、僕はその時間帯にはもはやスーパー地下にてうろついているのでありました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR