FC2ブログ
2012.08.2717:51

◎京都・餃子の玉将◎

本日8月27日月曜、微妙に昼間の最高温度が下がりつつあり、だがそれでもやはりかなり暑い。頭から湯気が出そうな状況にて必死のブログ作成中。

いい加減撮る花もなくなり今朝は妙な事を思いつく・・
082701.jpg
味を極めた僕にしか作れないブログ。京都にある餃子の玉将で一番おいしい中華丼はどこ?なお別に宣伝ではないので、僕は個人店は絶対に出さない主義なんで、敢えて玉将に変えています。どうか御了承の程を。
先ずは京都駅前店。ここは昔かなり頻繁に食いに来ていた。もう5年以上前になるかな?今の立派な店構えの前、見るからに町屋の軒先のような食堂、それが以前の駅前店。されど常に超満員で、味覚のプロを自認する僕といたしましては混む時間帯を避け、11時頃とか14時頃とか神出鬼没。最初の頃はあれやこれや注文もそのうちだんだんメニューは絞られ、最終的に中華丼一本に。たまに餃子1人前か二人前、二人前頼むと腹に入りきれない。
ここの店長が殆ど毎日来る僕の姿恰好を憐れんでくれたのか?あるいはご飯が余っているのか?そのうち段々と、中華丼並みが山盛りに→大きめのどんぶりに→大型のどんぶりに→それに山盛りに。気が付けば中華丼(大)をはるかに上回る巨大特注中華丼の豪快なる見事なてんこ盛り。それでもこめつぶ一粒も残さず平らげる僕の姿に、最後の頃は意地と意地の張り合いみたいになって、あれってご飯何合分になるんだろう?この瞬間の為に三食をこの一食に切り替え常に万全の態勢で臨んだ。・・あれは遠い過去の話。そのお店も今のような何となくよそよそしい姿に変貌、店長もそれを機会にいなくなり、新人でいつもしゃがみ込んではこっそりタバコ吸ってたのが次の店長になり、それから僕の足も自然遠のいた。そんな思い出を胸に本日写真をパチリ。


082702.jpg

082703.jpg
お東さんのハスを見てお西さんの前を通り過ぎ・・

五条通りを西へ西へ・・
082704.jpg
西大路五条手前の西大路五条店。写真、五条通り拡張で、以前はこの歩道に面し相当人気がありました。今はご覧の奥の方へ引っ込んで、つまり、そこまで道路が広くなる。前の店は大型レストランの跡をそのまま利用で、相当ゆったりと座れ、レストラン如き水や料理をせわしなく運んでいました。中華丼の味もかなりグーで、先ほどの駅前店からここへたまにですが食いに来ていました。完全な郊外型レストランで9分9厘車。チャリンコ組は僕と数人のみ。そのうち通り沿い丹波口辺りに郊外型の回転ずしやいろんな店が現れる。美味しかったけど、ここも奥に引っ込んだ現在の店になってから入ったことがない。・・前はちょっとした高級感に浸れるリッチな玉将でした。


082705.jpg

082706.jpg
阪急電車渡り、四条通りへ。ここは西大路から西へ、西小路すぐ先にあります。何の変哲もないどこにでもある店構え。中も一列にカウンターのみ。だが、ここの中華丼が現在最高の味。美味い!ちょいと甘だれの効いた醤油味。こりゃ美味い!基本に徹していますね。具の野菜それぞれが色濃く炒められており見るからに美味しそうです。夕方から混みだすのでその前がチャンス。このお店はしょっちゅう生餃子半額をやっている。しかもすべて手作りですよ、店の奥で総出でクネクネしている。ちょっと他にはないですよね?ここの中華丼食ったら他のが食えない、あはは。


四条通りを戻り 西大路四条の嵐電車庫前を通過・・
082707.jpg

082708.jpg
やって来ました四条大宮の餃子の玉将。京都人なら誰でも知ってる、ここが発祥地。・・ここも昨年頃この駅前都市開発?で現在の綺麗過ぎるお店に変貌。以前の映画館がありかなりぼろっちかった店で食う中華丼の味はまた格別でしたが、ここもですが、こんな綺麗なお店になって入ったことがない。
ここの思い出は、昔の店の頃よく来ていました。カウンターは常に満席でよく後ろで待っていました。食べ終え入口レジでお金を払うのですが、夏場熱くクーラーがオンボロなのか余り効かない、持ち帰り注文もかなりあり入口レジ辺りはてんてこ舞い。かなり大きな扇風機を回転させ気持ち冷やすのですが、この扇風機が協力過ぎて、よくレジの札が宙を舞っていました。いつぞやすべての千円札が紙吹雪状態となりみんなで大笑いの中拾い集めた事があります。

082709.jpg
一応お店の角にこんなのが。余り意味ないと思うけど・・?ところで、皆さん知ってました?バブル崩壊で全国の主要商業地はその値段がつるべ落としの如く暴落。そして全国最大の落ち込み率は、ここ四条大宮なのです。バブル絶頂期に比べ土地価格が10分の1へ。これは殆ど知られていないみたいですね。


堀川を北上・・
082710.jpg

082711.jpg
丸太町の府庁前店です。なぜかそう言う看板が消えている。ここも夕方からめっちゃ混む。大分前、ここで働く老夫婦が作る中華丼がたまらず美味しくしょっちゅう来ていました。先ほど四条西小路店同様、野菜は丁寧に炒め鮮やか過ぎる色合い、味付けも極めて似ており、多分この味を思い出し西小路店へ通っているのかも。わざわざお腹をすきっ腹にして遥々訪れ幾度もコップの水でのどを潤す。待ちに待った中華丼が目の前に現れた時のお腹のなり具合ったらもう・・。美味いの何の!だが並みの量はいつも必ず計ったように同じでした。だからいつも腹八分目でしたが、兎に角美味かった。しかも店内に流れる音楽がいつも懐メロ。古すぎる渚ようこの「京都慕情」なんか聞いて涙流しながら食ったの覚えています。その誌に涙腺が緩んだのか余りの美味しさにうれし涙なのか今となっては記憶にあやふやですが、こんなお店でした。或る日その老夫婦がいなくなり、新しい人がやって来た。その味で、以来寄り付かなくなった。

府庁横のこんな道路・・・先にタクシーが停まっている 怖いので歩道を進む・・
082712.jpg

082713.jpg
出町店です。枡形商店街。ここはかなりの人が知っていますよね、名物大将。人情味溢れ、大学卒業でそれぞれの田舎に帰った若者たちが数年後久しぶりに訪れる光景はしょっちゅう。ここも昔しょっちゅう来ていました。中華丼並みの量がだんだん増えていく。いつの間にやら奴がサービスで付く。いつぞや揚げたてのから揚げもサービス。ここは個人客もさることながら団体用の注文がかなりありそれを大将一人が切り盛り。最近従業員が数人いあるが、やはり年には勝てないか?アハハ御免なさい。
このお店、実にどんぶり勘定。適当に10円とか20円サービスとか、いつぞや餃子二人前も頼みレジで、計算ががややこしいので1人前でいいと、そのお釣り見たらこらまたいい加減、かなり多かった。

082714.jpg
こんな張り紙日本中でここだけでしょう!でも今までそんな客見た事がない、そのうち僕が第一号となるかも?あはは。
なおこのお店、あらゆる定食で必ずご飯の量を聞きます。普通か大盛りかさらに大盛りか。値段はすべて同じ。しかも安くて量がかなりありますよ。一度訪れてみては。ここも夕方から相当混みますので昼過ぎならガラン。



そのまま寺町を一気に南下・・
082715.jpg
京都市内は現在チャリンコが徹底的に悪者扱いにされています。歩行者にもたちの悪いのがいます、それはいいのでしょうか?

082716.jpg

082717.jpg
上)三条大橋店と街中のお店。神社の横。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR