FC2ブログ
2012.08.1814:13

◎晴れているのに雨が降る◎

何もしないでも腹は減る。その食料を求め今日も旅立つ。

商店街はまだ朝の内でみなチャリンコでスイスイの中一人真面目に押して進む・・
081801.jpg
蛸薬師どんつき蛸薬師堂から何やらポコポコ木魚叩く音が。この一枚撮って、中の様子を撮ろうと構えてたら写真は駄目と怒られてしまった!トホホ

とほほ状態で前進 直ぐ近くの・・
081802.jpg

081803.jpg
和泉式部が初代の住職と言われる誠心院でパチリ。元々皇族ゆかりの寺院で、多分式部のお墓が転じてそう言われるようになったのでしょう。下)境内にこんなのが。良くも悪くも歴史上必ず出てくる人物ですね。怪物だったのか?あるいは救世主だったのか?


こんな入道雲の中・・
081816.jpg

081804.jpg
平安神宮まで来て、なぜか雨が。ポツリポツリがかなりの大粒に。写真見てください、晴れてるのに、雨宿りの時に撮った奴です。

止みそうで止まず 晴れてるのに何で降る?
081805.jpg
とうとう痺れを切らし全速前進にて丸太町橋を渡り切る寸前、西詰めのこの石碑の前でなぜか突然しゃがみ込んでパチリ。・・女紅場=女性の学校。ここが日本初の女学校とか。

081806.jpg

081807.jpg
橋の反対側に咲く百日紅が綺麗で、こっそり渡ろうも車が途切れず橋の下から迂回。曇ってたのでいまいちの写りですが川沿いに数本咲いています。


こんな場所を通りかかり・・
081808.jpg

081809.jpg
ついついパチリパチリの接近。ここは木戸孝允終焉の地。この二階で亡くなられたそうです。明治天皇が直々に見舞に来られるというあり得ない事態に孝允は涙が止まらなかったという。その間もなく「西郷よ大概にせんかい」の有名な辞世の句を残し早すぎる死を迎えた。結核だったみたいですね。長く生きておれば間違いなく明治の世は大きく変わっていたはずです。

081810.jpg
訪れる人は殆どいませんが、検索上でのこの場所はかなり人気があります。鴨川沿いの現在市職員宿泊施設です。

081811.jpg
ちょっと離れた場所にも石碑が。

081812.jpg
またちょっと離れた場所にも同様の石碑あり。つまり、現在某観光旅館となっておるその敷地よりさらに広大な邸宅があったのです。もっと言えばここの通りはかなり後からできたものでそれまでは前後に大きな門が構えられており、つまり私有地で、庶民の為常に開けられていたらしい。相当古い御老人からそう聞いた事があります。木戸孝允終焉の地は何も上の写真の如き僅かなあばら家ではなく相当広い大邸宅だったのです。・・尤もこの広大な大邸宅は、実は某摂関家の下屋敷であったのです。そこでどこの摂関家だったかがクイズ。暇な人はさあ検索検索。でもパソコンでは多分出てこないはずです。誰も知らない事?なので。徹底的に図書館通いを、あはは。

081813.jpg
そこに咲くバラの花。

081814.jpg

081815.jpg
京都市役所本庁に咲く百日紅の白。・・ここらでまたも雨が。それが本格的などしゃ降りとなり、ずぶ濡れで帰宅したのは言うまでもありません。散々な一日でした、とほほ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR