FC2ブログ
2012.08.0817:29

◎珍皇寺「迎え鐘」と密寺「万灯会」◎

六道まいり=お盆に入る頃先祖を=お精霊さんを我が家に呼び戻す為に六道珍皇寺へお参りし「迎え鐘」をゴ~ンと撞く。

080818.jpg
直ぐ近くにあるこの密寺も「万灯会」で先祖を迎えます。

080819.jpg

080820.jpg
朝10時の光景。パラパラとですがお参りが。

080821.jpg

080822.jpg
パラパラが段々とパラパラパラに。

080823.jpg
写真厳禁の本堂をパチリ、あはは御免なさい。「大」の文字は人型を表すそうで何でも看板には1千年を超える伝統とか。夜「大」の文字に灯りが点ります。かなり幻想的です。何となく16日五山送り火を彷彿とさせるようですね。1千年ならこのお寺の方がかなり古いですね。昔の人はこう言う形式で先祖を向かい入れていたのでしょう。


080824.jpg
狭い境内ですがかなり大きな「大」文字。これも夜はチカチカですね。

080825.jpg
本邦初公開。密寺の鐘はこういう場所に。

080826.jpg
この真下に鐘があります。多分盗まれないための工夫なのでは?それか巨大すぎて吊り切れないから?見た事がない。

松原通り・・
080827.jpg
このまま進むと直ぐに六道珍皇寺で右に進むと直ぐに密寺。隣り合わせみたいに窮屈な京都、なお密寺さんの住所はあろうことか轆轤町。六道と言い、ここら紛れもなく生と死の接点ですね。このすぐ左のお店が幽霊飴。

歩いて1分11秒で到着・・
080828.jpg

080829.jpg
高野槇のお店がかなり並びます。

080830.jpg
露店もぼちぼち出店中。昔はぎっしりでした。


そして「迎え鐘」を撞く行列・・
080833.jpg
朝10時頃、最後尾から追ってみました。ここはひとつ裏手の通りです。先の方に八坂の塔が見えます。

080832.jpg
途中から右に折れます。この先の方が珍皇寺の裏門。

080831.jpg
ここまでで約200メートルほどの行列でしょうか。まあこれくらいは当たり前です。

080704.jpg
みなさん大変行儀よく並ばれて粛々と順番を待つ。ここからお寺さん境内へ。・・初日の昨日はここまでの行列でしたね。日増しに増えてきますよ。

080703.jpg
そしてやっと順番が来ました。先祖を向かい入れる神妙な心にて両手を合わせ、ゴ~ン!・・なお過去最高の行列は松原では納まらず六道珍皇寺表入口まで並んだことがあります、つまり正方形に一周。これはギネスもんの行列で後にも先にもこの時以来見た事がない。死者を向かい入れるのに死者が出てしまうのではという大行列でした。


鴨川へ出て・・
080834.jpg

080835.jpg
百日紅の花が直ぐ目に付く。他に何も咲いていない。

080836.jpg

080837.jpg
対岸からキラキラが見てまいりました。そしてまたも吸いこまれるように・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR