FC2ブログ
2012.08.0616:11

◎8月6日下鴨神社にて◎

鴨川の七夕会場・キラキラを見つめ過ぎ・・

080616.jpg
視力がこんな感じに。・・出町の飛び石。ジワリジワリと流れる水が枯れて来ています。そのうち一級河川と言うより水たまりになってしまいます。サギどももかな数が減ってるみたいで他所へ移動?上流へ移動なのか?

下鴨さん到着・・
080617.jpg

080618.jpg
何か見た事がありますね、そう茅の輪。ここ下鴨さんはなぜか伝統的に本日8月6日。

080619.jpg
中からパチリ。

御手洗川・・
080620.jpg
何やら厳かに忌竹を建てています。


ここで視力が戻る・・
080621.jpg
実は、本日8月6日は「立秋」の前日に当たるそうで、昔よりこの日に「矢取り神事」なるかなり奇妙な神事が執り行われます。日が暮れた夕方よりこの池に地元の若集がなんとフンドシ一丁の姿で、ほいさホイサ♪と整列して集まる。間もなくこの池の真ん中に(作業しているところ)斎串(いぐし)と言う矢を数本突き刺しておりこれを激しく奪い合う。激しい水しぶきが上がりドタバタと大騒ぎのうちに誰やらが捕ったぞと言わんばかり差し上げる。・・・一体何の意味があるのか?ですが、多分かつての村VS村の対抗戦だったのでは?斎串を捕った村の方に豊年が約束される。そんな奪い合いが元だったのでしょうね。

なおこの「矢取り神事」なる奇妙なお祭りは過去幾度も拝見していますが、いつだったか?5年いやもっと前かな?・・毎年神社側が説明を兼ね実況中継風にアナウンスする。その年のアナウンスは生涯忘れることのできない壮絶な実況中継でした。・・フンドシ一丁の若集が隊列組んでホイサほいさ♪と池に現れたところから中継が始まる。闇夜に照らされた御手洗川にその雄姿が確認できるや「あ!ただいま裸男たちが現れてきました!」「あ!裸男たちが今御手洗の池に入りました!」「裸男たちが激しく奪い合っています!」「裸が裸が裸が!裸男がああ・・!」・・この強烈なアナウンスはもう2度とないでしょう!呆気にとられて見ているのか聴いているのか??あの古舘アナのプロレス中継を彷彿とさせてくれました。



そんな思い出を密かに思い出しながら いや吹き出しながら・・
080622.jpg

080623.jpg
視力回復、魚眼望遠何でもござれのくりくり眼差しで再び茅の輪をパチリ。

080624.jpg

080625.jpg
・・ところで、「茅の輪」左右に置かれたどうぞお持ち帰りくださいと書かれた「萱」ですが、じっと見つめるも誰一人手を触れようともしませんでした。意味ないじゃん、あはは。・・というか厳粛過ぎる神社さんなんでお参りの皆さんどうも気が引けているみたいですよ。桜が必要ですよサクラが。ミニミニ茅の輪作る風景が撮れなくて残念でした。八坂さんもかつてはこんな感じで、ほんの3年前くらい前から急に力を入れ始め、逆にとんでもない大混雑になってしまいました。一体どっちが正解なのでしょうかね?


引き揚げる途中の御所・・
080626.jpg
昔のブログで、16日の五山送り火をどこで見るか?のアクセスが急に増え始め、ここ御所、写真の通り「大」が丸見えですよ、こっそり。でもここも数年前から異常な人出となってしまいました、正直身動きが取れません。まあ見る所は360度パノラマ、どこからでも見れますのでご安心を。


080627.jpg
前一度写真撮った場所。千本下立売東入ㇽ。いつの間にやらこんな事に。・・これをやりだしたら全く再現なしですね、つまりここらすべて平安京内裏じゃあーりませんか、誰も住めなくなってしまいますよ、あはは。個人的には平安京も大事だが秀吉「聚楽第」の確認の方が急がれると思いますね。まだまだ黄金の瓦が民家のすぐ軒下に埋っている筈です。と言うより城下町の構えだった筈でそちらの再確認を!


かなり下がって松原商店街・・
080628.jpg

080629.jpg

080630.jpg
京都では下町とは余り言いませんが、下町風情が今に残る素朴な商店街です。どこにでもある風景ですね、そのどこにでもある風景が今やどこにもなくなってきています、残すべきはこう言う庶民の暮らし。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR