FC2ブログ
2012.07.2316:43

◎六道珍皇寺迎え鐘◎

JR丹波口近くの某スーパーにて本日限り冷凍品オール半額(お一人様5ヶまで)にて、そのコーナーを約3周と半グルグル廻り続け、やっとめぼしい商品3ヶを手にレジへ直行。

再び今度は晴れ間が覗き温度も急上昇の街角をウロウロ・・
072315.jpg
もうすぐ地蔵盆。

072316.jpg
壬生寺さんです。ここのお盆は賑やかですよ。本堂が隠れるほどの提灯が飾り付けられ夜訪れると幻想的。六斉念仏も都合2回行われ地味ですが地元の人が集まってきます。・・ここは「迎え火」「送り火」となっていますね。よく知らない。

072317.jpg
道中に咲くバラ。

072318.jpg
公園の木に実が鈴なり、何の木でしょう?

なぜか全く所変わり鴨川を渡り・・
072319.jpg
お盆と言えばここ「六道珍皇寺」」さん。猿でも知ってるほど地元では超有名。この通りが、ここがあの世とこの世の境界線「六道の辻」。現世と鳥辺野の葬送地を繋ぐ接点。

072320.jpg
お盆に先祖が帰って来る・・お精霊さん(おしょらいさん)、迎えるためにこの「迎え鐘」を曳く。紐しか見えませんね、中に大事に保管されています。この鐘を撞くため、期間中想像を絶する大行列となりますので、うかつにも観光ついでにと並ばないように!マジ倒れてしまいますよ!

072321.jpg
期間はポスター通り、地元は朝早く、朝一ですね。夕方浴衣着て訪れる人もいますがその時間帯でも30分は行儀よく並ばなければなりません。だから預保路暑さが和らぐ夜でないと汗が噴き出ます。この期間この松原通りは露店や高野槇のお店がぎっしりでまるで縁日。この後作る陶器市と、最近この陶器市とタイアップしたみたいで、表五条とこの松原は大混雑になります。・・昼間は相当温度が上がりますので朝早くか夕方がお奨めです。縄手は普段通りの交通規制なしなんで車が平気でビュンビュン飛ばします。迎え鐘どころか自分があの世へ旅立たれなきよう随分とご注意を!

こちらはその六道珍皇寺近くの六波羅蜜寺です
072322.jpg

072323.jpg
ここは昔は静かな盆でしたが最近パワーアップしたようです。

072324.jpg
本堂脇の「清盛供養塔」。ここらが平家の大本拠地でした。昨年綺麗になりました。有名なお方の寄付みたいですね。

072325.jpg

072326.jpg
ここも「迎え鐘」を撞くのですが、写真のこの位置に鐘があるのです。昨年もクイズで出しましたが、果たして鐘どこへは?・・それは訪れてからのお楽しみに!必ず驚くはずですよ。


直ぐ近くの某お寺さんへ・・
072327.jpg

072328.jpg
ここら一帯平家の超豪邸が所狭しと立ち並び、今はお寺さんとなっているこの井戸、あの非運の幼帝・安徳天皇産湯の井戸」です。「釣殿井」と今日まで伝承されています。因みにその父親である高倉天皇はこの地で崩御です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR