FC2ブログ
2015.11.1817:25

◎2013年御寺泉涌寺・御座所庭園と一杯のかけそば◎

11月24日日曜日。東福寺の気の触れんばかりのおぞましい人出に逃げるようにここ泉涌寺を訪れる。だが静かだと言ってもタクシーや観光バスがかなり頻繁に出入りし何となくそわそわ。だがそれは今から訪れる御座所庭園への深い思い出と紅葉への淡い期待感からなのかもしれない。
13112438.jpg
来迎院から眼の前の脇入口から入場。もう昼前ですが、朝もやが立ち込めていました。ここではよく目にする光景です。

13112439.jpg
菊が綺麗でした!菊の種類が西本願寺のとはかなり違うようで これも宗派による温度差なのでしょうね?

13112440.jpg

13112441.jpg
本堂とは言わず本坊到着。いよいよ夢にまで見た御座所庭園へ・・。

13112442.jpg
玄関で靴を揃え上がり込みスリッパに履き替える。玄関に立派過ぎる月の輪未生流の活け花。春秋の御所一般公開の時を思い出す。

13112444.jpg
拝観券(泉涌寺500円、本坊別に300円。良心的ですね)。庶民はこう言う所に目を光らせる、あはは。

廊下から庭をパチリ
13112443.jpg
中の様子もかなり撮りましたが、どうも撮影禁止(そのような表示はなかった筈ですが)みたいで、自主的にすべてカット!やはりと言うか、普通のお寺さんとはちょっと違う高貴な部屋ばかりです。

廊下の先が御座所庭園!
13112445.jpg
この板の襖絵が浮き彫りの凄い奴で、何とかあの手この手(単にフラッシュ焚いたりカメラを左右にするだけ)で必死の撮影も矢張り無駄だった。パソコン編集で何とか確認できるように。本物はやはり全く違います!

13112446.jpg
同じ位置からパチリ。見た目はこの光景と襖絵が瞼に入る。やはり凄いお寺だ!

御座所庭園
13112447.jpg

13112448.jpg

13112449.jpg
知る人ぞ知る気品溢れる屈指の庭。訪れる人、みな沈黙を守りただ縁側に座り込みじっといつまでも眺め続ける(雲一つない小春日和のポッカポカ陽気にただ単に日向ぼっこなのかも知れぬ)。

廊下を行ったり折れたりまた戻ったり・・
13112450.jpg

13112451.jpg

13112452.jpg

庭園左側
13112453.jpg

13112454.jpg
見た事のあるような襖絵が無造作に立てていました。天日干しかな?見た目はやはり凄い!

大勢でここを訪れたのはもう10年前の事 その思い出が甦り楽しかったあの頃が懐かしい
13112455.jpg
感慨もひとしをと、こみあげてくる懐かしさに後ろ髪引かれながらそっと離れる。いったん外へ出て再び入口傍にある蕎麦屋さんで一杯注文。
一杯のかけ蕎麦。本坊の庭を眺めながらつるつる・・あれからもう10年。皆元気でやってるか?そうに違いない、僕も頑張らなくちゃ!そんな事考えるともなしに考えがら食べてるといつの間にやら空っぽに。美味しかった!

13112456.jpg

13112457.jpg
仏殿の先が大門です。山の頂上。僕は右手の脇の入口から静かに去る。

13112458.jpg
脇道から。御座所庭園とその後ろの紅葉の所が孝明天皇の御陵です。ここへは別の一本道で行くしかない。ここもかなり広々としており紅葉も綺麗ですよ!

テクテクと今度は緩やかな坂道を引き上げる
13112459.jpg
また一つ、思い出が増えました。


超極小サイズの1枚!
131124101.jpg
やばいのでこっそり(クリック)見てください。
御座所庭園=その名の通り、この庭を眺めるのはあの日本の象徴のお方のみです。庭に向かってこの部屋があります。そう!玉座です。・・庶民が訪れる所ではないようです。
スポンサーサイト



プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR