2015.05.3120:45

◎2015年「雪の京都御所」1月3日5/31◎

5月最後となった31日日曜日。例年だと空は常に雨雲に覆われ降りそうで降らずかと言って決して晴れない日々が続き何時梅雨入り宣言が出てもおかしくない予断を許さぬ状況も・・
15053101.jpg
今日も快晴が続く。たった一つの高気圧が並入る低気圧を押しのけ梅雨入り前最後の空威張りか?
15053102.jpg
本日も快晴も気温はやけに低い。だが外出する気にはなれず終始パソコンと睨めっこ。
15053103.jpg
昨日巨大な地震発生。小笠原諸島遥か南、深海600キロ海底下での発生と言う。日本中が揺れているようですがこちら京都では震度1。全く感じなかった。M8,5の発表も本日8,2?へ訂正。

5月最後のブログは今年元旦早々61年振りと言う記録的大雪となった京都市内の写真を・・
15010301.jpg
1月3日。元旦夜明け前から降り続いた大雪は一旦小康状態、2日未明から再び吹雪き明くる3日のこの日京都市内はどこを見渡しても真っ白け。朝10時時点で2℃。6℃まで上がる予報に溶けるが早いか写真撮るが早いか時間との勝負となる。チャリは凍って実に危なっかしい街角歩道へ猛然と繰り出す。15時31分、白銀の下鴨神社の様子を撮影しここ賀茂大橋に佇む。
150103101.jpg
廻れるだけ廻り、撮りも撮ったりの370枚。まだ残りはある。後ろ左手は比叡山、右手は大文字。
150103102.jpg
3分後の15時34分、チャリは京都御所「石薬師御門」から怒涛の快進撃。
150103103.jpg
入って直ぐ、松の大木が雪の重みで折れていました。こんなのも実に珍しい事です。台風強風での被害は良くある。
150103104.jpg
大宮御所と大文字
150103105.jpg
健礼門の雪景色
150103106.jpg
間之町口近くの閑院宮家跡前の雪だるま
150103107.jpg
今年の干支ヒツジ。大変精巧に作っており芸術家が作ったのでしょうね。もう16時前で残念ながら大分解けていました。大雪は2日がピークでした。
150103108.jpg
最後九条家の池の前に佇む。池にはまだ氷が張っていた。こう言う景色も数年に一度あるかないかです。結構広い池で凍る事は滅多にない。
150103109.jpg
凍りつき家路を急ぐ途中、東洞院錦の辻でも雪だるま発見。人間ほどの大きなのが2つ。こちらもヒツジでしたがかなり解けていた。
61年ぶりの大雪と言っても、高々20数センチの積雪。23センチだったかな?過去の21センチを抜き61年振りの記録的大雪と大騒ぎでしたが、雪国の皆さんから馬鹿かとお叱りを受けそうな新年早々の狂騒劇ではありました、あはは。
明日からいよいよ水無月6月。梅雨入りと言うのになぜか水の無い月。無論旧暦上での梅雨が明けた頃を指すのは言うまでもありませんが現代解釈すれば少しでも梅雨の雨が降らないでくれとの願望の様にも思えますね。今年は空梅雨の様相を呈しているようですが案外例年通りに梅雨入りし思わぬ大洪水もあり得るごく普通の年だと思っています。
以上で今月5月のブログは終了です。今月もかなりアクセスがあり、でもその割には順位が上がらない、あはは。でもみなさんが作る一生懸命なブログ拝見してるとそれぞれの思いが込められておりその一つ一つのブログはまさに息づいている。
スポンサーサイト
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR