FC2ブログ
2014.08.0318:27

◎2014年京の七夕昼の堀川会場縦断◎

8月3日日曜日。順序が逆になった台風12号のすぐ後ろを追うように11号が縦に並んでの北上、九州と四国では相当な土砂降りが続いているようです。・・だがこちら京都地方は相も変わらずノー天気、たまに薄い雨雲が接近も全く降らない。京都は台風が上陸しないと言う事は地元ならみな知ってる。都をここに定めた先人のその鋭い眼力はただもんじゃないですね。
14080301.jpg
・・とは言ってもなんか降りそう。警戒しいしい短足は買い物がてら堀川「京の七夕」の活況ぶりが気になり回転を速める。二条城辺りから川を北上。二条城では昨年あたりから何やらライトアップを始めたようですが、普段でも観光客が多いいし、あそこの入口のおばさん連中が最近やたら口うるさくなってしまい近づかない様徹してます、あはは
14080302.jpg
一応地下鉄二条城前から歩いて北上と言う設定のもとに、短足は発見する度にチャリ降りにじり寄る。
14080303.jpg
鴨川会場とかなり趣が異なるようです。大きな行灯が並んだのは確か昨年から。
14080304.jpg
「八千代」が一際大きい。これはその人の性格を表しています。自信に満ち溢れた筆質(筆跡)。再び人間国宝なるか?
14080305.jpg
テレビのせいで、中村玉緒さんとみるとなぜかおかしくなる、あはは・・色んな名士の思い思いの願い事が並んでいますよ。今年はシンクロの奥野さんのがない。キョロキョロ探したのですが、なかったみたい?
14080306.jpg
友禅流し。昔はここ堀川だけでなく川がある所至る所でこの風景があったそうです。糊を落とすだけでなく流れる清水に漬けておくとその色が俄然冴える。
14080307.jpg
堀川は昭和40年頃まで大雨の度に氾濫を起こし、四条辺りは水が溢れ大変だったらしい。そこで暗渠にする(地下を流れている)。10年位前かな?懐古主義のお年寄り連中が昔を懐かしみもう一度堀川に水を!こうして川底にチョロチョロ流れる小川が出来ました。
14080308.jpg
曇っていた為キラキラではなく単なる笹。
14080309.jpg
下立売(第2堀川橋)通過
14080310.jpg
ビニールハウスのところで何やら写真撮ってました。
14080311.jpg
短足なのにどんどん進む、あはは
14080312.jpg
灯が点ると綺麗でしょうね
14080313.jpg
しかし誰もいない
14080314.jpg
堀川は今出川から押小路までその姿を残しています。埋め立てれば相当広い堀川通りになっていた筈ですが、地元が反対したのでしょうね?・・戦時中道路拡張で無理やり疎開させられた嫌な過去が拭い去れないのでしょうか?反面二条から下は完全に埋められています。
14080315.jpg
一応すべての写真クリックのビッグサイズで!
14080316.jpg
一条戻り橋到着
14080317.jpg
盆地なんで海がない。昔の人は嵐山の渡月橋の所でみんなで泳いでいたと言う事です。
14080318.jpg
昨年と同じ光景でした。・・ここらも余りに綺麗になりすぎ逆に何か変。川底に小川を作る10年前まではここらは背丈以上の草木が生い茂りまさにおどろおどろしたところでした。日が暮れると大の大人でも気持ち悪がって近付かなかった。戻り橋から下を覗くとはるか下に川底があり生い茂った草むらから突如鬼女が襲ってきそうなそんな不気味な体験がしたくて良く来たもんです、あはは。ほんと気持ち悪かった。晴明神社なんて藪の中でしたよ!
14080319.jpg
一応糸紡ぎのイメージ。それで後ろは出来上がった西陣織の川流し。・・おもちゃの山小屋はこの水車の発電により灯が点る仕掛けになっています。
14080320.jpg
このクマゼミが突如襲ってきた。この野郎とフラッシュ焚いて撃退!
14080321.jpg
戻り橋から上。
14080322.jpg
西陣の本拠地、西陣織会館。昨年は何やかやと提灯が並べられていましたが今年は何もなし。観光バスがひっきりなしに訪れる為忙しいのでしょう。

14080323.jpg
堀川会場はこんな感じです。夜はかなり幻想的みたいですね。・・帰り道、ピンクの百日紅が綺麗でした
14080324.jpg
サボテンの花。
14080325.jpg
近くの夏祭り。先ほどまでカラオケが聞こえていましたが、雨になりそうな為中止となった模様です。蝉しぐれのような騒音がピタリと止んだ、あはは。
スポンサーサイト



プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR