2014.07.3117:09

◎祇園さんの茅輪くぐり7/31日◎

7月最後の31日。今日は36℃まで。炎天下の真昼間、堀川を後にした短足は少しでも日影があると即座に入り込みジグザグ走行を重ねながら鴨川目指す途中・・
14073115.jpg
再度このヒマワリどもを!・・君たちはみな同じ顔付きばかりで個性がない。つまらん実につまらんとけなす。ほっとけ!・・睨み合う事3分。・・後ろの方の子供ヒマワリたちが精一杯笑ってくれたので、では許してやる!ふん!
14073116.jpg
頭から湯気吹き出しチャリは鴨川到着!しっかし糞暑い!・・三条大橋から「京の七夕」会場をパチリ。後ろは四条大橋。屋根が反射してみな白く。こちら鴨川会場も急ピッチで進んでおります。
14073117.jpg
祇園新橋から八坂さん目指す。・・すぐ先で何やら撮影が始まる。大規模なセットでの撮影。女優さんみたいでしたが暑さの余り振り返ることなくまっしぐら!
14073118.jpg
八坂神社石段下から這い上がる。・・8月7日「七夕祭」とありますね。ここ八坂神社では毎年この日と決まっているようです。この日は「立秋」。・・下鴨神社さんは古よりその立秋の前の日(今年は8月6日)に「夏越祓い」と決まっています。神社でかなり風習が違いますね。下鴨さんはこの日楼門に「茅輪」を飾ります。夜ぶくぶく御手洗池で「矢取り神事」が行われます。いつぞやの年、アナウンス役の神官がハチャメチャ面白い人で大爆笑の渦の中、神妙な神事が執り行われる。あっ裸男が裸男が・・裸男がああ!昔のブログ参照。
14073119.jpg
楼門入ると直ぐの「疫神社」ちっちゃな末社。着いたのは13時過ぎ。余りの暑さの為か?今年はもう殆どもぬけの殻状態でした。
14073120.jpg
だがみなさん執拗に茅輪の茅を引き抜いている。
14073121.jpg
各々好き勝手にミニミニ茅輪製作中。
14073122.jpg
上手に作っている小学生の女の子に上手だねとパチリ。・・隣のお母さん作でした、あはは。
14073123.jpg
鴨川へ戻る。四条大橋からパチリ
14073125.jpg
この西詰の降り口が大混雑します。この一ヶ所しかなく、阪急、京阪から駆けつけた見物人が皆ここへ集中。・・昨年だったかな?夜8時頃酔いに任せ偵察に来たは良いが、全く近寄れない阿鼻叫喚の地獄絵図そのままでした、しかも何も知らない一般観光客は橋の上から何事か?とみな立ち止まり記念写真を。混雑が混雑を呼び、電車が着くたびに増々膨れ上がる。・・昨年まで、この階段下りて直ぐ色んな催し物コーナーがあったのですが、今年は懲りて場所を変えるみたいです。マジ、帰る為に上がって来る人今から降りる人、全く身動きが取れない状態でした。地元の人は必ず三条大橋からの出入りを(一応御池まで会場となってますので御池大橋からでも)!
スポンサーサイト
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR