2014.04.2122:22

◎4月の東寺弘法さんと正御影供◎

4月21日月曜日。今日も朝方は雨がぱらつき雨音で目覚める。
14042101.jpg
今日は24節季の「穀雨」に当たり穀物を潤し芽を出させる穏やかな春の雨が降るという。またこの日を境に春の終わりを告げるとも言うらしい。昨日今日と農家の皆さんにとっては恵みの雨となった事でしょう。・・朝の予報は曇りから雨、11時に変わる予報は写真の雨から曇り。それ急げやれ急げ!短足は飛ぶように我が家を・・!

弘法さんの東寺
14042102.jpg
上)東門からの様子 下)裏手南大門の外=九条通りの光景 朝方まで降ってたので露店も人出も少ない
14042103.jpg

昼過ぎですが中もかなり少ない
14042104.jpg

14042105.jpg

14042106.jpg
御詠歌コーラスガールの合唱が響く♪
14042107.jpg

14042108.jpg

今日のお目当てはここ灌頂院
14042109.jpg
14042110.jpg
本当は3月21日に入寂されたのですがここ東寺は月遅れの本日に供養法会。

14042111.jpg
空海はこの灌頂院で10年間過ごしたと伝わっています。

14042112.jpg

小ざっぱりとしたお堂
14042113.jpg
ここは実は井戸。閼伽井と言って仏に供える水=空海が閼伽水をここから汲んでいた。空海の息遣いが伝わってきそうですね。

14042114.jpg

14042115.jpg
上の説明の通り、絵馬三枚を見比べて今年の実りを占うと言う。そう言えばうろうろしてたらおじいさんらしき人が眺めながらああでもないこうでもない、目が輝いているとかいないとかぶつぶつぶやいていました。昔よりずっと来ているのでしょうね、でも今ではこの東寺周辺には田畑なんて全くない。・・説明文にあるかないか?ですが、この絵馬占いは空海が行ったのが始まりだそうで、この閼伽水を絵馬(空海自らが描いた)に掛けてその解け具合で占ったそうです。今の絵は、毎年滋賀の人が描いて奉納していると教えてもらいました。

14042116.jpg
その閼伽井を何とか写そうとあの手この手でパチリ。やはり井戸でした。もう一度掘り返せば空海の時代同様神聖なる水が溢れ出る筈です。なんたって雨乞いの王者ですものね!
スポンサーサイト
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR