FC2ブログ
2013.01.1022:39

◎京都鴨川・カモメ大軍団!

1月10日木曜日。今日も連日のからりと晴れた快晴。微妙に肌寒い。かといって雪が降るわけでもなくなおかつ手袋を外すせるほどでもない。中途半端な寒さは続く。

今日も鴨川にユリカモメの姿見えず
13011001.jpg
おかしいなあ、まさか今頃瀬戸内海へと旅立つわけがないし、どうしたんだろう?・・とそんなことてっきり忘れ街中商店街のスーパーで木曜もっ君の広告の品ばかり狙い撃ちにて買い求め、うろうろ、風に乗って鴨川へと再び繰り出る。ここでユリカモメども発見!

13011002.jpg

13011003.jpg
こりゃ凄い!大軍団ではないか!

13011004.jpg

13011005.jpg
京都人でもこんな大軍団は見た事がない筈!賀茂川中のユリカモメどもが大集結しています!・・瞬時に1年前の光景が脳裏をよぎる。もしかして・・

13011006.jpg

13011007.jpg
矢張り予想は的中でした。ここは疏水。琵琶湖疏水。年に一度、真冬の今頃疏水の流れをストップし夷川ダムの水量をゼロに。廣澤の池と同じ按配の溜池の底を乾かす為。ユリカモメどもはこの瞬間を知っている、と言うか常に偵察隊が監視しており、そろそろ流れが止まる頃と、昨日と今日にかけ鴨川全軍に緊急指令!

13011008.jpg

13011009.jpg
圧倒される物凄い数!鴨川で体躯中のカモメと、こちら疏水の底の虫を必死で探るグループに分かれる。だから合わせるとどのくらいでしょう?500羽くらいはいそうです。つまり鴨川全流域にに飛来してるすべてが号令一下ここへ大集結!・・昨年も偶然ここを通過中発見した。・・川底の苔でも啄んでいるものと思ってたらそうではなく虫を狙っているそうです。


13011010.jpg

13011011.jpg
こやつらも年に一度の疎水の狭い底へ入り込むためびくびくしているようで、カメラのシャッター音(僅かな音)にさへ過敏な反応で直ぐこんな有様。

13011012.jpg

13011013.jpg
場所は、飛び石が見える通り、二条大橋直ぐから上、疏水が見える冷泉までの間。こやつらにはこう言う習性もあるのですね、そして今日の写真は極めて貴重であると付け加えておきます。なぜかこやつらは単独歌唱グループでは絶対にここへは来ない。こんな風に全軍が大集結して一気に食べる。そしてもう2度とこう言う光景は見られない。

鴨川から疏水上に進む・・
13011014.jpg
疏水の水位も大分落ちている。

13011015.jpg

13011016.jpg
インクラインの所まで行ってみました。上)の白い砂が白川から運ばれてきた砂。乾くと真っ白に。この砂はたった1年でこんなに堆積します。1Mの暑さです。5年くらい前から春の十石船往来の際川底が浅いと言う事で完全い水を止め川底の砂を除去し始めましたが最初の時想像を絶するような砂の量で川底に鉄板敷き詰め大型トラックが何台も来ては砂を積んで運んで行ってました。かなり大きな砂のピラミッドが10個くらいできていました。物凄い砂が堆積していた。翌年から大分減りましたが、たった1年でこれだけの砂が上流から流れてくるのですね。もう過ぎ間もなくこの砂の除去作業に入ります。大型のクレーン車?が川底に入り込みます。下)サギがやっと川に足を踏み入れられた。これが本来なのですがね、十石船が始まる頃から水位を最高にまで上げる為サギはなす術なし。
スポンサーサイト



プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR