FC2ブログ
2012.06.0215:33

◎本能寺の(ここが)変◎

昨日は平安神宮無料公開で蒸し暑い中歩き回ったためかなりグロッギー。

買い物途上・・
060201.jpg
鴨川のVの字に張り巡らせた紐が無くなっていた。昨日取り払い、いよいよ明日3日アユの解禁です。水量がかなり干上がっていて大丈夫かな?



買い物後商店街をテクテク本能寺まで・・パソコンであれこれ検索も「信長まつり」のニュースが出てこない、あるのは数年前の記事ばかり。おかしいなあ?今日6月2日の命日に近い土・日にある筈なんだが?・・と本能寺まで来たものの、全く普段通り。そこで意を決しお寺さんで聞いてみることに。ちょうど駐車場のおじさんがいたのでかくかくしかじか・・、「3年前本堂の大改修がありそれからやっていない)との返事。ああそう言えばかなり巨大な本堂の修理やってたな、と何となく合点。この本堂、確か重要文化財指定です。境内が狭くなったとも言ってたが??・・お祭りの日は広い境内一杯に色んな店や催し物が行われかなり活気を呈してたのだが、是非とも再開してほしいですね。商店街を行列が練り歩くのも面白かったのに・・。
060202.jpg
本能寺のここが変!・・この能の文字、ヒが2つですが、なんとこの本能寺過去に5回も火事で焼けていて、縁起を担ぎヒ2つ→ヒが去る=火が去る=去に変えた。その甲斐あって以降災難なし。つい先日ボヤ騒ぎがあったみたいですが、この表入口の文字が守ってくれたようです。



本能寺のここが変!2

本能寺から200mの近辺に教会のあったルイス・フロイスの『日本史』では、「(午前3時頃と言われる)明智の(少数の)兵たちは怪しまれること無く難なく寺に侵入して(6月2日に御所前で馬揃えをする予定であったのを織田の門番たちは知っていたので油断したと思われる)、信長が厠から出て手と顔を清めていたところを背後から弓矢を放って背中に命中させた。直後に信長は小姓たちを呼び、鎌のような武器(薙刀)を振り回しながら明智軍の兵達に対して応戦していたが、明智軍の鉄砲隊が放った弾が左肩に命中した。直後に障子の戸を閉じた(火を放ち自害した)」という。

・・これが真実でしょう。200M近辺と言うのは「南蛮寺」ですね。秀吉に命じた中国攻めが思うような進展を見せず至急電の応援頼むでついに信長自身が出陣を決意、安土城から僅かな手勢で出陣、途中上洛の際の宿泊先がこの本能寺。フロイスの日誌の通り、翌2日に馬揃えの予定。・・明らかにぼかしています、馬揃えは確かにそうですが、要は御所への威嚇軍事行動、恣意行動。過去にもかなり強引に圧力をかけており皇室は震え上がっていました。だがこれは、天下人直前とは言え、朝廷よりの任官要請(関白、征夷大将軍、太政大臣)をいずれも拒否しそれまでの武士とは全く違った新未来構想の超人。皇室何するものぞ!その自信が裏目に出てしまった。

つまり、光秀はあくまでも命令通り自国亀山城から精鋭最強部隊13000名を引き連れ雨で大洪水の桂川を渡り本能寺を目指した。翌日2日に御所への威嚇軍事パレードの後直ちに秀吉救援に駆けつける手はずであった。・・こうでもしないともぬけの殻となる都や安土そのものが謀反の危険性があり、信長はそこまで計算に入れての行動だったと思われます。確かに光秀は主君に謀反ですが、その謎は永久に?の方がいいようですね。
スポンサーサイト



プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR