2011.12.3118:26

大晦日★一杯のかけそば★

大晦日と言えば自然思い出されれるのがこの話。

バブルの浮かれ過ぎていた1989年頃この話題が日本中を駆け巡る。

123150.jpg
実話だから凄いとかいうのではなく、どんなに貧しくても家族の絆は一つ。逆説的に言えば、貧しかったからこそ家族が一つとなってどんな苦難にも耐えられた。ある意味羨ましい。この蕎麦屋の大将のその時の判断も嬉しいですね。

今夜大晦日、一人で一杯分食べられるだけでも感謝しくちゃ。
でも日清の天そばですけど・・。





123151.jpg
同じような悲しくもヒューマニックなお話。この一冊、日本中の図書館にくまなく配分されてる感動の実話です。 『乞食の子』頼東進と言う 台湾人の著者が自分の若い頃を描いた作品です。台湾で空前の大ベストセラーとなっています。・・想像を超える悲惨な日々。まさに乞食の中のコジキとしてさ迷い歩く一家。だがここにも立ちきれない家族の深いきずながあった。・・読んでみてください、小学高学から中学生向けに優しく翻訳していますが、まさに一文章一行目から涙なくしては読むわけにはいきません。深いため息とともに、家族愛とは一体なんたるか!?思い知らされたような一冊です。

苦労しただけ幸せになれる!
僕の信条です。
スポンサーサイト
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR