2017.06.2517:45

2016年八坂神社茅の輪くぐり6月27日

6月25日日曜日。京都一巨大な茅の輪北野天満「夏越天神」の日ですが雨模様で外出断念。17時過ぎ現在一旦止んだ雨は再び降り始めてきた。

在庫写真底を突き昨年6月27日の写真から・・
16062701.jpg
6月27日月曜日。本日は久し振りに目の覚めるような青空が広がる。
のどかな昼過ぎの八坂神社境内。茅の輪くぐり、外人さん必死に反対に廻っています。

16062705.jpg
松原橋ミニ公園の藤。1年に数度咲く事があるらしい。ちゃんと匂いも漂ってる。

16062707.jpg
高台寺旧山門のとこ。祇園祭の提灯を眺めてると突如人力車が現れ、新婚さん?御両名盛んに笑顔で手を振ってくれる。とても朗らかなカップルでそのまま載せちゃいました。多分喜んでくれると事と思います。

16062708.jpg
下河原通から真っ直ぐ八坂神社へ。11時20分、西楼門から下界を覗き込む。

16062709.jpg
一番目に付く「舞殿」前に茅の輪

16062710.jpg
ここの6月の茅の輪くぐりは地元でも知ってる人は限りなく少ない。検索してもすべて祇園祭の最後として7月31日摂社「疫神社」での茅の輪くぐりばかりで、今日の茅の輪くぐりの事は全く出てこない。つまり八坂神社では6月と7月の2回行われると言う全国でもここだけでしょう。
・・この6月の茅の輪くぐりは6月22日からと言う事です。夏越しの大祓いは共通の30日。
スポンサーサイト
2017.06.2517:01

北野天満「夏越天神」(昨年)6月25日

6月25日日曜日。梅雨らしい1日。昨夕から降り始め明け方には止むもその霧のような雨は降り続く。
17062501.jpg
本日25日朝7時02分長野南部で震度5強M5.6 発生。その後も余震が相次いでいる。だが被害ゼロは奇跡かな?

17062502.jpg
太平洋側で記録的大雨。熊本県田浦町で6月の観測史上1位1時間73.5ミリの雨、和歌山県では未明局地的に1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ記録的短時間大雨情報。・・京都地方は今回も分厚い雨雲の薄い上層部が通過しただけで雨量も大したことはなかった。鴨川の増水もほんの僅かとみられる。



今日は北野天満茅の輪くぐりと天神市の「夏越し天神」。出掛けるか迷うも昼前少し降り始めあっさり断念。昨年の写真を・・16062531.jpg
6月25日土曜日。今日は北野天満「天神さん」の日。特に本日は道真公の命日。今日は何年振り?異常な早起き(朝6時、原因は屋根からの雨漏り)。10時29分北野天満到着。晴れ間が覗いたり降ってきたりと取り留めのない天気。

16062536.jpg
毎度の角度、楼門から。

16062537.jpg
楼門の茅の輪、大きさ重さは京都一(日本一かな?)。10時36分ですがあっという間に抜き取られ早や裸状態。

16062539.jpg
テクテクテク、三光門。7月7日の「七夕祭」の短冊、だんだん早くなり5年ほど前から本日に合わせる様に。

.16062540.jpg
本殿前の茅の輪。こちらをくぐります。しかし今年も多い。

16062541.jpg
お詣り全員がくぐるので1日中混雑は続く

16062542.jpg
毎年思うのですが、たまたま本日訪れた外人観光客はこの作法、こうしないと本殿へ行けないのかとかなり不審がる。訳が分からぬまま後について廻る。

160625101.jpg
短冊の願い事。いろんな願い事。・・この名前の部分の消し方、45分を要し覚える。
・・追記。天満宮茅の輪くぐり、本殿前の茅の輪は本日一旦解体、30日の大祓いで新たに作り直します。
2017.06.2420:47

下御霊神社茅の輪くぐり始まる6月24日

6月24日土曜日。分厚い雨雲は20時現在兵庫辺りまで接近。京都も今夜から明け方にかけ降り続きそうです。
17062425.jpg
と言う事で明日から1週間雨予報に付き食料確保の為チャリは右往左往。12時32分下御霊神社到着。今日から茅の輪くぐりです。・・矢張り昼過ぎから曇って来ました。ただ降るような雲ではない。たまに薄日が差す。

17062426.jpg
早速グルグル廻る。中からパチリ。結構多いですよ。次々と来てはグルグル・・

17062427.jpg
境内片隅(左手)に紫陽花。珍しい種類みたいだ。奥の大粒の青はもう終わってた。

17062428.jpg
並ぶ革堂さんへも足を運んでみる

17062429.jpg
ハス1
17062430.jpg
ハス2
17062431.jpg
ハス3・・極楽浄土の世界へ迷い込んだみたいだ。だがちゃんと2本足で歩いてる、あはは。

17062432.jpg
12時30分極楽浄土から現世へと戻る

17062433.jpg
鴨川沿いに帰宅。流れる水量は見ての通りごく僅か。京都は山の奥の盆地に位置し流れる川は急流に近い。大阪淀川辺りに住んでた頃、たまに淀川沿いに走ったりしましたが満潮と干潮で水位がかなり違い、結構どぶ臭かった。その点鴨川の水は申し分ない清らかな流れです。

17062424.jpg
不安げに空を見つめる夏の花ひげもじゃ。晴れ間が無くなり風も止みしかもかなり蒸し暑い。気温31℃。雨雲接近を肌身で感じる。

17062434.jpg
12時56分松原橋通過。鮎釣り名人、意地でも釣り上げたい稚鮎。・・ちょっと前まで釣った鮎は祇園の料亭が買っていました。養殖もんと天然もんは味が全く違う(らしい)。色も微妙に違い太公望なら一目でわかる。僕も色の違いは少しは分かるが味はどっちも同じにしか感じない。でも塩焼きは矢張り最高ですね。知り合いの釣りキチのは京都府中はおろか泊まり込みの紀伊和歌山まで遠征する。殆ど病気です。どこどこの川の鮎は美味いとか氾濫直後が良く釣れるとか、聞かされる身にもなって貰いたい、あはは。
2017.06.2419:36

早くも祇園祭モード6月24日

6月24日土曜日。早いですね、もう24日。あと1週間で7月。1日早々に祇園祭吉府入。京都の暑い夏がやってくる。
17062411.jpg
正午過ぎ久し振りに商店街を闊歩。おお!早くも祇園祭状態。・・コンチキチン♪はまだでした。

17062412.jpg
東本願寺花蓮「淀姫」開花を確認後チャリは直ちにスーパー巡り開始。11時04分西本願寺通過。右手の建物が飛雲閣です。

17062413.jpg
公園にこんな実が鈴なり。食べれますよね?子供の頃腹いっぱい食った記憶あり?野イチゴじゃなく山イチゴ?

17062414.jpg
チャリは右に左に走り回り、11時48分管大臣神社到着。飛梅の実が・・

17062415.jpg
ここの茅の輪くぐりはなぜか昔より30日です。天神社なのに?・・ここは1年間守ってくれお世話になったミニミニ茅の輪を我家から持ってきて本殿に並べる風習があります。最近は少ないが昔は置き場がないほど並んでいました。

17062416.jpg
11時58分、今度は寺町仏光寺角の空也堂へ現る。今月のお言葉。

17062417.jpg
寺町綾小路角、四条寺町下がった京都大神宮さん。この手前の紫陽花、今年は全く駄目。ここも茅の輪くぐりは30日です。・・・茅がないので近場の鴨川の似た草で代用している。どう違うのか素人目にはさっぱり?神社さん手作りで愛情こもったかわいい茅の輪ですよ。明治の世になりお伊勢さんにお参りできない多くの都人の為に作られた神社。

17062418.jpg
右奥の紫陽花は今年も満開でした。大粒。

17062419.jpg
商店街錦天神さん。紫陽花は終わりこの花が。フジウツギと名札にありました。

17062420.jpg
祇園モードの新京極商店街

17062421.jpg
対角の三条名店街。寺町商店街はまだ。

17062422.jpg
商店街天性寺さん今月のお言葉

17062423.jpg
商店街最後の本能寺。チャリはこの後一直線に下御霊神社茅の輪くぐりへ。
2017.06.2418:47

東本願寺花蓮淀姫開花始まる6月24日

6月24日土曜日。数日前の雨雲より今度の方がかなりやばそう。音もなくじわりじわり接近中。18時現在岡山辺りまで伸びています。
17062401.jpg
朝の天気。・・そんなに降り続くのかなあ?早速今日は昼間中晴れ間が覗いていました。

17062402.jpg
曇るどころか晴れているではないか!取り敢えず万全を期し3日間籠城できる食料確保とチャリは街中へ飛び出てみる。10時48分東本願寺周辺。この花がどこも開花を始めています。・・この花どうしてもグラジオラスと思い込んでいる。一体何でしょう?

17062403.jpg
ムクゲも京都中で開花が始まってます

17062404.jpg
梅雨が明けるとこの木にセミがしがみつき鳴き止まない。ガシガシガシ♪クマゼミ。

17062405.jpg
久し振りに東本願寺境内へ

17062406.jpg
こんなのが立ってました。・・見苦しですねえ!情けないの一言。

17062407.jpg
境内右端にこの花が。名前すぐ忘れる。

17062408.jpg
南端の堀に名物の花蓮「淀姫」

17062409.jpg
先週先行開花の1輪が散り終えそれを合図にどんどん蕾が膨らんでいます。

17062410.jpg
だが今年は御多分漏れずかなり遅れています。例年だともうかなり咲き乱れている。まだ僅か数輪のみの開花。
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR