2018.02.2118:18

2018年2月の東寺弘法さん

2月21日水曜日。昨日の日本晴れ13℃から今日は終始曇り日,5℃から9℃でしたが微妙に肌寒い1日でした。
18022101.jpg
まるでスターウォーズの帝国軍の様ではないか。それでも一滴の雨さへ降らない。
18022102.jpg
11時過ぎ東寺東門。1月の初弘法に比べればかなり少ないが,初弘法が異常に多いだけでこれが普段の弘法市です。
18022103.jpg
薄曇りで微妙に肌寒い
18022104.jpg
お砂踏み。今日は次々と何故か相当いた。
18022105.jpg
お大師今月のお言葉。東寺ならではの優しい解釈にやっと理解できる。しかし1200年もの昔にこんな教えを説いた空海って一体?宇宙人?
18022106.jpg
今日は敢えて少ない瞬間の写真を
18022107.jpg
食堂みたいな露店。数軒で共同経営しているようです。100人位入れる。
18022108.jpg
大師堂奥、足利尊氏寄進の梵鐘の後ろに河津桜が2本ありましたが新しい建物建造?修復?で無くなっている。本日意を決して聞いてみたところ、工事の間造園屋が預かっているそうで終了後再び植えるとの事。来春にはまた見れそうだ。
18022109.jpg
境内南端。今日は何時もと逆の金堂から南大門を。
18022110.jpg
南大門傍の修行大師。静かに手を合わせる庶民。弘法大師は心の中に生き続ける。次の時代もその次の時代も。
18022111.jpg
正午ちょうど。実はどこもかしこもこんな状態だったのだ、あはは。
18022112.jpg
100円駄菓子のおばちゃん。今日は援軍が少なく孤軍奮闘で頑張っていました。手前は混雑でまとめ買いし小分けしている場面。
18022113.jpg
東寺南側。近鉄東寺駅からのコースですが今日はガラガラ。
18022114.jpg
正午過ぎ引き上げる。つがいのアオサギのようで、左が飛んで来て右と鶴のように天に向かってくちばしをカタカタぶつけ合いスキンシップを図った。・・突然何ですかと聞かれアオサギですよと答えると驚いていた。こっちが驚いた。
18022115.jpg
12時20分梅小路公園通過
18022116.jpg
12時32分西本願寺に並ぶ興正寺さんの梅を眺めチャリは帰宅。紅梅は見頃に、白梅は3分咲き。
今日は以上です。
スポンサーサイト
2018.02.2017:01

羽生選手の絵馬発見!晴明神社2月20日

2月20日火曜日。今日は眩い青空が広がる日本晴れ無風気温12℃。一気に春が訪れたようです。昨日はぼんやり薄曇りで自宅謹慎。今朝は青空で目が覚め買い物ついでに晴明神社へ。ここでの願掛けが功を奏し霊力が宿ったのか?平昌五輪で見事金メダルに輝いた羽生選手。必ずやお礼参りする筈と様子を探りに駆けつけてみる。
18022001.jpg
11時53分到着。さっそく駆け寄り、何時も暇な巫女さん(常時2人)に何時頃訪れるのか,得意の会話でそれとなく聞き出そうとの魂胆も,なぜか今日も多い多い,飽きれる程の行列ができている。その建物(授与所)の壁に僅かな絵馬が掲げられており一番右上に発見。次々と写真撮ってるのですぐわかる筈。・・国民栄誉賞の声が日増しに。

18022002.jpg
11時59分,すぐ近くの一条戻橋の河津桜。全面蕾だらけで今年も見事な咲きっぷりとなりそうです。年々カメラマンが増えている。

18022003.jpg
こんなポスターが。大宮今出川下ㇽ千両が辻、富田屋さんとこの通りです。ここらは晴明さんの領域で秋のお祭りの時は神輿が繰り出す。

18022004.jpg
12時19分御所梅林北東角,桃林と境のとこ。紅梅に開花が始まりました。上の方に数輪開花。

18022005.jpg
出水の小川北の蝋梅

18022006.jpg
宗像神社直ぐ北の紅白の白梅、髭が伸び放題。現在2分咲き。以前は紅梅の方が先に開花していましたが逆転したようでまだ蕾。

18022007.jpg
間之町口入った大きな案内板横の白梅。この状態でもう1週間。

18022008.jpg
堺町休憩所向かいの白梅はもう見頃と言って良い程開花が進んでいる。白では御苑ダントツの速さ。

18022009.jpg
13時05分久しぶりに御池桜を。寒桜ですがこの木は10月から3月いっぱいまで見頃が続く不思議さ。

18022010.jpg
13時13分気になる三条大橋の河津桜。緑が葉っぱ赤が花びら。すくすくと成長中で3月入って直ぐの開花となりそうです。3月3日桃の節句開花か?過去に例のないぶっちぎりの遅さとなっている。・・何となくカマキリの顔に見えません?

18022011.jpg
13時22分松原橋から比良山系を。
今日は以上です。
2018.02.1917:01

興正寺の紅梅一気の見頃に2月19日

2月19日月曜日。昨日元気よく走り回り今日はバタンQ。
18021901.jpg
なぜかぽつんと熊本だけに大雪注意報。京都も昨日の予報では曇りから雪マークでしたが朝からぼんやり晴れている。
18021902.jpg
今日の体調はこんなもん。ぼーっと時間だけが過ぎてゆく。明日が12℃日本晴れ予報にこの瞬間体力温存とばかり自宅謹慎を決め込む。

昨日辿った軌跡・・
18021825.jpg
遅れに遅れる北野天満宮の梅を偵察後ただちに引き返す。12時37分には早くも京都御所梅林をうろつき回る。
18021826.jpg
梅林南端西角の紅梅が目覚めたようです。まだほんの僅かな開花ですが今か今かと待ち焦がれる多くの暇人達が集ってはある者はため息をある者は揺れる花びらと格闘。僕はそんな姿を遠巻きに眺めるのが好きだ、あはは。

18021827.jpg
堺町休憩所向かいの白梅。白では御苑ダントツの開花。風が当たらないのと日当たりの良い場所が功を奏しているようです。日々カメラマンが増えている。

18021828.jpg
有名な「黒木の梅」。もはやだ誰でも知っていますよね、場所も・・?遅咲きの種で大体毎年2月20日ごろからつぼみが膨らんでくるので、今年もごく標準的な開花となりそうです。御苑の案内板にも載る高貴なる大木です。数年前かなり大胆に枝を切り落としましたが、これは嫌がらせではなく延命を図る為の措置と推測します、あはは。

18021829.jpg
そして昨日既報通り、間之町口から出られない。この人等は一体なんだろう?もがき苦しみながら走っている。人生何が楽しいのでしょう?あはは。チャリに乗れば楽ちんなものを。渡れず身動き取れない歩道をてくてく押しおし平行移動。
18021830.jpg
一難去って・・。次はこんなマラソン。これもかなり大がかりで昔西大路を渡れず20分間待たされた事があった。車のような猛スピードでした。

チャリは一気に興正寺へ
18021831.jpg
何と紅梅が一気の見頃を迎えていた。僅か2日間の出来事です。これだから止められない、?あはは。
18021832.jpg
だが隣の白梅はまだ1分以下の咲き具合
18021833.jpg
こういう撮り方はなかなかできないものだ、あはは。

18021834.jpg
更に走る。13時47分五条大橋。遙か滋賀の比良山系は期待通りの真っ白けでした。手前松原橋、どんぐり橋を挟んでバスの所が四条大橋。・・ここでチャリはやっと気が済んだか、静々と我が家へ向かう。

18021835.jpg
超マンネリと化したこの季節がやってくる。それでも毎年京都若葉マークが胸ときめかせ道に迷う、あはは。
今日は以上です。
2018.02.1819:36

北野天満宮雲龍梅2月18日

2月18日日曜日。日本海側は吹雪なれど京都市内頗る快晴につきチャリは北野天満の梅目指しまっしぐら!
18021815.jpg
正午前気温7℃無風。濃紺の青空が広がりこれ以上はない撮影条件。本殿裏手中央の雲龍梅。

18021816.jpg
道真公御生誕1150年記念祭(1250年?)の年に中国から運んできたものです。


18021817.jpg
土を馴染ませる為数か月かけての難儀な運搬だった聞きます。

18021818.jpg
手厚く育てられその甲斐あって見事な美しさです。

18021819.jpg
人気独り占め

18021820.jpg
道真公の時代、御所紫宸殿の左近は桜ではなく梅でした。中国からの輸入に頼る大変珍し花だったらしい。5歳の時に詠んだのが有名な「美しや  紅の色なる 梅の花・」。・・今の5歳の子に真似できますか?躾ひとつで人間こうも変わる。昔の親は徹底して厳しさを叩き込んだ。今の教育は何かが間違っていると思いますね。

18021821.jpg
これほど美しい梅はもうどこにもないでしょう。だが土を変えたり肥料を撒いたりと我が子をいたわる様な努力あっての賜物です。数年前東寺で見掛けたのは今やシンボルとなっている「不二桜」の土のやり替え。ショベルカーで掘り返していた。栄養満点の新しい土は傍で天日干し、実に大掛かりな作業だった。

18021823.jpg
チャリは引き上げる。御所の梅を眺め、12時56分間之町口から出ようと思ったら・・
なな、なんじゃこりゃ?
2018.02.1818:18

2018年北野天満宮梅便り2月18日

2月18日日曜日。日本海側北陸東北はかなり吹雪となっているようですが京都市内は晴れ渡る1日となりました。
18021801.jpg
京都は晴れ7℃まで。だが・・
大雪 東北で通行止め相次ぐ
北日本で猛吹雪警戒 広く極寒
18021802.jpg
10時31分管大臣神社に白梅開花。飛梅は蕾以前の段階。
18021804.jpg
チャリは北野天満めざし一直線に伸びる七本松の緩い坂道を北上。11時08分途中の立本寺(りゅうほんじ、枝垂桜で有名)に白梅が開花していました。
18021805.jpg
11時14分今日は風もなく難なく到着
18021803.jpg
珍しく正面から正攻法にで進む。程なく左手に梅苑が見えてきますが、驚きの光景です。いくら遅くとも毎年25日の梅花祭の日には満開見頃となってます。今年は蕾さへようとして確認できない。これは僕が知る過去20年間で最も遅い。
18021806.jpg
楼門入る
18021807.jpg
真っ直ぐの紅梅
18021808.jpg
絵馬所前の紅梅
18021810.jpg
三光門左手の白梅
18021811.jpg
三光門入る
18021812.jpg
本殿左手に出ると蝋梅
18021813.jpg
本殿左手
18021814.jpg
本殿後ろ左端の絵馬所のとこ
18021822.jpg
東門右手の末社
18021809.jpg
東門出る。外の白梅もやっと開花が始まっていました。後ろは上七軒。
梅苑・・楼門手前に紅白が1本ずつ見頃となっている他はすべて固い蕾のままという驚きの遅さ。
境内・・全体2分咲き程度。早い年には梅花祭の頃にはどんどん散る年もありました。今年はやけにやきもきさせる。
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR