2017.09.2419:36

晴明神社秋の大祭2017年9月23日

9月23日土曜日秋のお彼岸秋分の日祝日。お彼岸と言う事で墓参りを兼ねチャリは目いっぱい走り回る。
17092317.jpg
あちこちで様々な催し物が繰り広げられるもそんなもんには目もくれずチャリはお墓参り後晴明神社めざし一目散。途中堀川に咲く白い彼岸花。
17092318.jpg
写真山ほど撮っておりパート3くらいまで続きそうです。12時26分晴明神社境内。輪を描く様に本殿お詣りの大行列。年に一度、このお祭りの時だけの珍事。
17092319.jpg
13時ちょうど神幸列出発進行!先頭は勤王鼓笛隊。
17092320.jpg
半端じゃない
17092321.jpg
鳥羽伏見の戦いで勝利した薩長軍は江戸城めざし追撃。その先頭がこの勤王鼓笛隊でした。功あった京北の山国隊のみに許された名誉です。これが10月22日の時代祭へと受け継がれる。
17092322.jpg
ぞくぞく
17092323.jpg
ぞくぞくぞく
17092324.jpg
獅子
17092325.jpg
稚児
17092326.jpg
ご鳳輦(晴明さん専用)
17092327.jpg
この如何にも秋の飾りが好きで毎年訪れる様に
17092328.jpg
子供神輿(三つくらいあった)
17092329.jpg
参加者が年々増え今では京都を代表するお祭りと言っていい程の盛り上がりとなってます
17092330.jpg
最後が神輿。
写真山ほどあり続報は明日以降に。千両が辻も賑わっていました。
明日25日は八坂神社近く、安井の金比羅さん「櫛祭り」です。ほとんど無名に近いが密かにやっているようです(月曜と決まっている)。密かに訪れてみてください、こんな祭りがあったんかいなと驚くほどの盛大さですよ。神社出発は14時過ぎ。
安井金比羅→石段下→知恩院新門→祇園新橋→折り返し祇園白川(ここで長い事休憩、ここが穴場ですがジジババカメラマンが余りに殺到し年々規制が厳しく。ルールと言うかエチケットだけは守りましょう!)→花見小路→神社到着。太古から現代までの髪型の変遷を一人ひとりのモデルで再現しパレード。女性ファン激増中です。
なお本日24日日曜、大宮五条の住吉神社秋のお祭り、もう疲れたので明日以降に。
腹減った~!
スポンサーサイト
2017.09.2419:01

2017年秋分の日の京都9月23日

9月23日土曜日。秋のお彼岸中日秋分の日祝日。敬老の日9月15日は移動して三連休扱いですがなぜこのお彼岸はそのまま?元旦と同じく代えられないのでしょうね?
17092301.jpg
秋のお彼岸。チャリはお墓参りを目指し出発進行!10時52分東本願寺北側白壁沿いの彼岸花。お彼岸中日に満開見頃と例年にない快挙を成し遂げました。誉めてあげましょう!
17092302.jpg
表正面御影堂門にも見てくれと言わんばかりのこれ見よがしの満開でした
17092303.jpg
高瀬川でも満開
17092304.jpg
七条大橋のとこもちょうど満開で乱れ咲いています
17092305.jpg
もう夢中になって余りに撮り過ぎ選別不能状態。適当に間引いてのブログです。それ以上にばててしまい気力のみのブログであります、あはは。11時27分東山通(東大路)通過。見える信号の所がこの前当て逃げ事故の看板のとこ(馬町交差点)。東山五条一筋南。片道2車線、祝日のお彼岸とあってお墓参りと清水寺観光客で東山五条は大混雑中。平日でもこれくらい混みます。それでも自転車は歩道は走ってはいけない、車道を走りなさいの注意書きが並ぶ。これでどうやって走れますか?サイクリングの外人さんがしょっちゅう走ってますが、当然みな車道へ避難する。・・ぶつかって当然と思いますね。死にたい人はどうぞ、意地でも車道を!
17092306.jpg
11時32分お墓参りへ
17092307.jpg
全く意味がわかりません
17092308.jpg
彼岸花と(伝)聚楽第遺構
17092309.jpg
テクテク戻る。東山五条交差点、お墓参り済ませ帰りのタクシーを待つ行列です。
17092310.jpg
12時04分恵比寿神社通過
17092311.jpg
12時10分団栗橋東詰の土手。今年はとうとうこの一輪のみ。例年がばっとまとまって咲くのですが?
17092312.jpg
12時13分四条大橋に佇む。今日は終始こんな天気。
17092313.jpg
3分後流れる水が澄んできた三条大橋チラリ流し目
17092314.jpg
12時21分木屋町御池。高瀬川のお祭りでここから歩行者天国。
17092315.jpg
チャンバラごっこやってました。ここら明治維新黎明期血なまぐさい斬り合いが相次ぎ、佐久間象山・大村益次郎などここで惨殺されています。池田屋も近く。・・後ろが先斗町舞妓さん野点。まだ誰もいなかった。
17092316.jpg
革堂さんのポスター。クリック拡大で。
今日は24日。昨日そして今日も撮り過ぎ頭がおかしくなるほど疲れ切っている。季節の変わり目が一番危ないと言いますね、気を付けましょう!わははは。
・・明日25日は北野天満天神さんと、八坂神社近く、安井の金比羅さん「櫛まつり」です。これは必見!見物人が余りに多くなり過ぎ数年前から式典を祇園甲部歌舞練場で行う様に。1年交代(毎年貸してくれないそうです)で今年は神社境内の年だったかな?出発は14時過ぎですがそれまで境内で歴代の髪型の説明あり。ただし大混雑です。暇な人は是非見に行ってください。かなり驚く盛大なお祭りですよ。祇園甲部舞妓さん数名もお忍び参加。
2017.09.2219:01

気温急下降9月22日

9月22日金曜日。今日は狂ったような気温急低下、しかも雨の1日となりました。
17092201.jpg
昨日17時14分の西の空。予報では明日も晴れから曇り。だがこりゃ一雨来るなと直感。
17092202.jpg
雨雲は京都市内ぎりぎりに東に進みG線上のマリア状態。ええいと一か八か買い物へ出てみる。・・パラパラ気持ち降ったのみ。
17092203.jpg
買い物済ませ30分で帰宅。今日はどうした事か一気に気温低下となり最高最低共にこの夏以来の最低をマーク。深夜0時で30℃の頃が懐かしい。
17092102.jpg
今日は1枚の写真もなく昨日の続き。好天に恵まれた昨日21日、東寺弘法さん目指しチャリは元気よく出発進行!直ちに東本願寺に咲く彼岸花の見学。10時25分北端白壁沿いにちょうど満開見頃でした。まだまだどんどん開花中。
17092103.jpg
正面御影堂に咲く彼岸花。毎年恒例となりました。
17092104.jpg
JR京都駅一番近くに咲く彼岸花
17092105.jpg
京都タワー。江戸っ子同じく登った事がないのが自慢である。
17092106.jpg
東寺への近道、途中お寺さんのお言葉。僕は明日です。
17092107.jpg
11時前梅小路公園をうろつく
17092108.jpg

17092109.jpg

17092110.jpg

17092111.jpg

17092112.jpg

17092113.jpg
これ、何の実だかわかりますか?・・春先純白の花を咲かせるコブシです。白樺青空南風♪
17092134.jpg
東寺弘法さんの帰り道、西本願寺飛雲閣が修理に入った模様。
17092135.jpg
同じく。本願寺、東急ホテル近く。江戸年間名水として知られていたようですが今は記念碑のみ。源氏の六条堀川館の大邸宅内にあった井戸ですが、今はその栄華を偲ぶのみ。・・毎年紅白の彼岸花が咲き乱れる筈ですが今年は白が見当たらない。源氏の負けかな?あはは。
2017.09.2120:01

2017年東寺9月の弘法さん9月21日

9月21日木曜日。京都は18℃から28℃まで。朝は寒い。8時半でも18℃でした(証拠写真有り)。
17092114.jpg
飲んでしまい選別が面倒に。簡単明瞭に・・。11時半の東寺東門。信号が変わる度どっと集まる。こちらはすべてJR京都駅からのお客さん、
17092115.jpg
東門から。少ない頃合を見計らいパチリ。今日は好天に恵まれ先月8月の弘法さん(今年最低の入り)から倍返しの悲惨な混みようとなりました。
17092116.jpg
お大師今月のお言葉。・・難しい。
17092117.jpg
かすみ草?
17092118.jpg
北門。一目で今日は多いとわかる。北門は通い慣れた通がJR京都駅から入る門です。
17092119.jpg

17092120.jpg
先月ガラガラ、今日は一転大行列で無言でただひたすら焼く。・・外人さんに一番人気なのはタコ焼きみたいです。
17092121.jpg

17092122.jpg
チャリは南側へ移動。東寺南端九条通です。時刻は正午ちょい過ぎ。こちらはすべて近鉄東寺駅からのお客さん。歩いて10分。
17092124.jpg
南大門から。やっぱ多い。これが来月再来月の弘法さんは更に増えるから地獄だ。
17092125.jpg
真っ直ぐ金堂。月に一度弘法さん21日のみ御開帳の薬師如来へ(左右に日光月光菩薩を従える)。修行大師像同様こちらもお参りが絶えません。・・宝蔵の床板同様この金堂の門扉にもかの羅城門の板(門扉)が再利用されているとの事ですがこの正面の門扉ではないみたいだ?余りに古過ぎ日本国家の歴史を間近に見つめているようなそんな感じ。
17092126.jpg
南大門左脇、今日も多くの庶民が修行大師に手を合わせる。後ろのイチョウが少し色付いてきた。
17092127.jpg

17092128.jpg

17092129.jpg

17092130.jpg

17092131.jpg

17092132.jpg

17092133.jpg
弘法市でないものはない。あらゆる生活品が揃う。しかも市価より相当安い。昼時の軽食も広島焼き1枚300円とか、まさに庶民が集う庶民による庶民の為の弘法市です。お花もずらりお店が並び東寺弘法市は日本一の規模を誇る縁日です。来るなら来月10月の弘法市まで。11月、終い弘法の12月、明くる新年1月の初弘法は身動き取れない大混雑となりそう言う意味で後悔必至。トイレまで大行列となります。
2017.09.2119:01

晴明神社秋のお祭りは9月23日秋分の日

9月21日木曜日。今日も快晴の京都市内です。
17092001.jpg
今月の電気(上)とガス代。質素な生活ぶりが窺えますね。模範的市民と言えるでしょう。

17092002.jpg
写真はすべて彼岸入りの昨日20日です。11時52分飽くなきスーパー巡り後堀川御池交差点に咲くひまわりと遭遇。やあもう秋だよ!・・後ろが二条城南東櫓。

17092003.jpg
堀川沿いに一直線に北上。堀川第一橋手前に今年も白い彼岸花が咲き乱れてました。

17092004.jpg
同じく(すべてフラッシュ使用)

17092005.jpg
見える青い車の所が橋

17092006.jpg
堀川中立売交差点南東角、第一橋の袂に紅白の彼岸花。満開はあっという間でワンチャンスに巡り合うことは稀。

17092007.jpg
直ぐに晴明神社。お祭りは22日・23日。明日22日夜湯立て、23日13時から神輿が繰り出します。明日の夕方から露店がずらり並びかなり賑わいますよ。23日の神輿巡行は是非!京都でも有数の豪華版、大行列です。先頭は京都独自の勤王鼓笛隊。西陣界隈総力を挙げてのビッグイベントと成長してきたようです。

17092008.jpg
その日を待ち焦がれる晴明さん

17092009.jpg
同時開催と言うか、同じ氏子地域にあってここ千両が辻と言われる一帯が協賛してお祭りに花を添えて今年で15年目だそうです。・・もう15年経つのか。

17092010.jpg
京都では知らない人はいない有名な老舗

17092011.jpg
こう言う歴史だったようです。初めて知った。「とんだ」と読むのは多分大阪「富田林」辺り出身なのかな?伏見両替商、伏見は幕府直轄領として長く独自の文化が栄え「銀座」もあったほどです。銀座とは銀の鋳造(貨幣)、今の造幣局に当たる。因みに金の鋳造「金座」は今の日銀本店。掘り返せば大判小判ザクザクかも。

17092012.jpg
晴明神社から歩いて10分です。富田屋さんで数年前から上七軒の舞妓さんによるお茶のお点前やってます。今年もやってると思います?一服と言うのかな?1千円と余りに良心的な値段設定。

17092013.jpg
全く別の1枚。同じ23日秋分の日、こちらは15時から。京都御苑内、人知れずポツンと佇む神社さんです。今年もロシアを代表する音楽家たちがやってくる。最後日本の童謡を全員で合唱で終わりとなる。無料ですのでよろしければ。
あと高瀬川一之舟入でも祭りらしい。こちらは先斗町舞妓による野点あり。
他にもある筈ですが体は一つしかないのだ!あはは。
プロフィール

超お金持ち

Author:超お金持ち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
名言

地球の名言 -名言集-

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR